若⼿実⼒派俳優、⻑澤樹・窪塚愛流が出演 映画『愛のゆくえ』場⾯写真&相関図が解禁

2024.1.30 08:00

若⼿実⼒派俳優の⼆⼈⻑澤樹と窪塚愛流が出演し、宮嶋⾵花が監督を務めた映画『愛のゆくえ』が 2024年3⽉1⽇(⾦)より、全国順次公開される。それに伴い、相関図と場⾯写真を解禁された。

宮嶋⾵花監督は、「島ぜんぶでおーきな祭 沖縄国際映画祭」で実施されている次世代を担う 25歳以下の若⼿映像作家の発掘と⽀援を⽬的とした「クリエイターズ・ファクトリー」で初監督作『親知らず』が、商業デビューをかけたワークショップで勝ち抜き、映画『愛のゆくえ』で初の商業映画監督デビューを果たした。『愛のゆくえ』は、宮嶋監督の半⾃伝でもあり、監督が⽣まれ育ち、慣れ親しんだ北海道を舞台に、孤独な愛(⻑澤樹)と宗介(窪塚愛流)の喪失から再⽣までの姿を美しい⾃然と、幻想的な世界観で魅せていく。

解禁された相関図からは、愛と宗介が複雑な家庭環境であることがわかる。内気な性格で、⼝数も少ない愛(⻑澤樹) は、北海道で⺟・由美(⽥中麗奈)と暮らし、⽗とは別居中。同じ家で愛の⺟・由美に⾯倒をみられ暮らす幼馴染の宗介(窪塚愛流)は、プロ野球選⼿の⽗を亡くし、⺟は⽗の死により⼼を病んでいる。そんな中、愛の⺟・由美が亡くなってしまい、愛は⽗のいる東京へ引っ越すことになってしまう。引っ越した先の東京では、徹先輩(兵頭功海)や漁業ホームレス(堀部圭亮)などさまざまな出会いを機に、常に暗く何かに思い耽ている様⼦だった愛の表情に笑顔が⾜された場⾯写真も合わせて解禁となった。

複雑な家庭環境から長澤演じる愛と窪塚演じる宗介が孤独を抱えながらも、人との出会いによってどう成長していくのか、そして若手実力派俳優の長澤・窪塚の演技にも注目である。

【ストーリー】
北海道で暮らす幼馴染の、愛と宗介。宗介の⺟はうまく愛情を表現できず、愛の⺟は少しおせっかい。それでも⼆組の親⼦は懸命に⽣きていた。しかし、そんな⽇常がある⽇突然壊れてしまうー。喧嘩をして家を⾶び出した宗介を探している途中、愛の⺟が亡くなってしまう。 愛は⽗親に連れられて東京へ、宗介は北海道に残った。⼤⾃然に囲まれた北海道と正反対の都会。引き離された孤独な⼼を抱えた少年少⼥は、苦悩の中で⼀体何を⾒つけるのか…。

写真提供:Ⓒ吉本興業

             

この記事の画像(10枚)

       すべての画像を見る      

関連記事

注目記事

新着記事

映画・舞台の記事一覧

カテゴリ一覧