永瀬廉「お尻にバクテリアとか…」初めて訪れた北村匠海の家でとまどいの行動

2023.11.29 15:30

現在公開中の映画『法廷遊戯』の大ヒット御礼舞台あいさつが24日(金)に行われ、主演の永瀬廉(King & Prince)をはじめ杉咲花、北村匠海、深川栄洋監督が登壇。初日舞台あいさつに引き続き、同年代の俳優ならではの和気あいあいとし、所々漫才のような掛け合いもありながら行われたイベントの模様をリポートしていく。

■永瀬「僕らは友達じゃないんですか?」

冒頭のあいさつを永瀬が「King & Princeの永瀬廉です。短い間ですけど、本日もよろしくお願いいたします」と挨拶をすると、続く北村は「北村匠海です。DISH//です。お願いします」と永瀬の真似をして自身の所属グループ名を付け加えるという仲の良さを見せつけてスタートしたイベント。

映画の公開から2週間が経ちどんな声が届いているのか聞かれた永瀬は「友達から “キラキラ要素もあるのかなと思ってたら、全然廉キラキラしてないやん”“心にきた、ぎゅっと持ってかれた”っていう感想をいただいたのでうれしいって思いながら、ありがとうって返事しました」とたくさんのうれしい声が届いているようだった。

深川監督は「あんまり友達がいないんですけど…」という前置きをしつつ「先輩たちから、3人の芝居がすごかったと仰っていただいた」と感想がきたことを伝えると、永瀬が「僕らは友達じゃないんですか?」と思わず質問。この質問に対して監督はすかさず「もちろん友達ではないです。役者と監督は絶対仲良くならない」と信頼関係がある上での関係性を説明。監督の返しに永瀬と北村は「まだだったな」「友達だと思ってたのに」と悔しそうに顔を見合わせていた。

北村匠海

■北村「ちょっと、ごめんなさいね。バカなの?」

次のトークテーマの説明で司会から、裁判の証言を模して今年やり残したことを「宣誓!今年中に〇〇やります!」と誓ってほしいとお願いされると、永瀬が眉間にしわを寄せながら悩み始め、司会が声をかけると永瀬は「え?先生?」と困惑。会場中が静まり返ると、自分で「宣誓か!」とイントネーションでの勘違いに気付き会場は大爆笑。北村は思わず「ちょっと、ごめんなさいね。バカなの?口が悪くてごめんなさいね」とツッコむと、永瀬が照れ笑いしながら「そういうことね!Teacherじゃないのか、理解、理解。誓うってことね」と納得。

気を取り直して永瀬が「宣誓!」と言いながら手を挙げると、北村が「手を挙げるルール作るのやめて?急に緊張しちゃった。俺らも手を挙げなきゃって」とあたふたするかわいらしい一面も。そんな永瀬は「宣誓!今年中に監督と友達になります。そして鍋パ(鍋パーティー)します」と冒頭で友達認定をもらえなかったからこその宣誓。

監督に何鍋がいいか聞くと「時々、(永瀬の)先輩の櫻井くん(櫻井翔)と鍋パするんですよ」と驚き発言。この発言に北村と永瀬は「友達になれる余地がありそう」とうれしそうに顔を見合わせていた。監督は櫻井とはスッポンを一緒に食べたとのことで、永瀬は「スッポンですか?僕、スッポンの生き血飲んだことあるんで大丈夫です」と謎の自信を見せ、櫻井を含む5人での鍋パの約束を取り付けていた。

永瀬が喜ぶ中、北村が「僕は監督とお酒飲んだことあるんで、(監督と友達になる)一歩先行ってるかもしれない」とまさかの発言をすると、永瀬は困惑しながらも「監督は匠海くんを友達だと思ってます?」と質問。監督が「…うん」と若干間のある返事をすると永瀬は「思ってんねや。一歩先行ってるね」と北村との関係性に嫉妬している様子を見せた。

北村匠海から「監督とお酒飲んだことある」と聞き、驚く永瀬廉

■杉咲「やめてください、本当にやり辛いです!(笑)」

続いて杉咲が「宣誓」と挙手無しで始めると永瀬が「手挙げてください?」といじり、言われた通り杉咲が手を挙げながら宣誓をすると、「どうしたんですか?急に?」と永瀬がさらにいじり始め杉咲から思わず「やめてください、本当にやり辛いです!(笑)」と愛ある文句が。

そんな杉咲は「宣誓、今年中に高速道路に乗ります。免許を今年に取って、まだ高速道路を運転したことが無いので乗ってみたいなと思った次第です」と宣誓。永瀬が「ETCカードって知ってる?」と質問すると、「今日挿入しました!」とタイムリーな内容に永瀬は「OK、OK!もうあとは行くだけやな」と温かく見守っていた。

北村の番になると、「宣誓」と言いながら永瀬の方に向かって横に手を広げ永瀬が「横は危ない、横は聞かんやろ。聞いたことある?横に宣誓する人」とツッコミ。北村は「宣誓(の内容)言うより、手挙げるボケどうしようって、廉の方に挙げよって(思った)」とツッコミを永瀬に託した様子だった。北村の宣誓内容は「今年中にあと100km車乗ります。車に関しても杉咲さんよりちょっと先行ってるかも」と先ほどと同様に“1歩先発言”が出たことに思わず「マウント取ってくるさっきから」と永瀬が不満を漏らす場面も。

永瀬廉の方に手を広げ「宣誓」ポーズをする北村匠海

■永瀬「ソファに座るの許可取った」

トークテーマがSNSで募集した「ほ・う・て・い」から始まる映画『法廷遊戯』に関する質問になり“法律を作りたいと思うほど譲れないものはありますか?”と聞かれると永瀬は「私服でベットに上がる」と回答。

会場中が静かになると「そんな変なこと言ってます?ほんまに作った方がいいと思う、私服でベッドに乗るの嫌じゃない?」と登壇者に共感を求めるも、北村からは「全然嫌じゃない」杉咲は「…うん」とあまり共感を得られず。永瀬は理由として「私服っていろんなところに座るから、お尻とかに菌というかバクテリアとか付いてるじゃないですか?ベッドって横になるじゃないですか?寝てる間にその細菌とかが首をはってるとか想像しちゃって。それが嫌なので法律として認められたい」ときれい好きならではの悩みを明かした。

すると北村が以前、永瀬が自宅に遊びにきた時の様子を思い出したようで「ソファって普通に座るじゃないですか?ソファに座るのさえ私服だったからだと思うんですけど、僕に許可をとってました」と暴露。これに対し永瀬は「そうそうそう!18歳の頃から一人暮らししてたんやけど、その時ソファに私服で上がられるの嫌やったのよ。だから一応ソファに座るの許可取った」と気遣っての行動だったことを明かした。

■杉咲「嫌です!責任重大じゃないですか!」

また、“本当に急に寒くなってきましたがこの冬楽しみしていること”を聞かれた永瀬は「今、スキーに行くって決めました」と宣言。これを聞き取れなかった北村が困惑気味に「月?」と聞き返し、永瀬が「月じゃない(笑)前澤(友作)さんじゃないのよ。まだ無理かな」とツッコミ。

スキーだと分かった北村が「一緒に行きましょうよ。スキー8年くらいやってました」と誘うと司会から「また1歩上を」とツッコまれ永瀬は「知らんうちにまた」と、またしてもマウントを取られていたことに悔しそうな表情だった。このスキーに行くのに杉咲の運転でと北村からの提案が上がると、杉咲は「嫌です!責任重大じゃないですか!」と即座に断り会場は笑いに包まれた。

杉咲花

■永瀬「もっともっとたくさんの方々の目に触れる機会があれば良いな」

最後に永瀬が「まだ見てないよって方が周りにいたらぜひ進めて見ていただいて、『法廷遊戯』という作品がもっともっとたくさんの方々の目に触れる機会があれば良いなと思います。これからも引き続き『法廷遊戯』という作品をよろしくお願いいたします」と和やかな雰囲気に包まれたイベントを締めた。

左から深川栄洋監督、杉咲花、永瀬廉、北村匠海

映画『法廷遊戯』は大ヒット公開中 配給:東映
公式サイトはこちら

©五十嵐律人/講談社 ©2023『法廷遊戯』製作委員会
写真:©entax

     

関連記事

注目記事

新着記事

イベントの記事一覧

カテゴリ一覧