堂本光一、ミュージカル『Endless SHOCK』にかける思いを明かす「命を注いできた、これはもう間違いなく」

2024.6.25 14:45
堂本光一

KinKi Kidsの堂本光一が6月24日(月)に行われた、映画『フェラーリ』の先行上映会イベントに登壇。本作は、元レーサーにしてカーデザイナー、そして自ら立ち上げたフェラーリ社をイタリア屈指の自動車メーカーへと成長させたエンツォ・フェラーリの波乱と激動の1年(当時59歳)を描いた実話。本作で描かれているエンツォ・フェラーリの“情熱”にちなんで、堂本が“情熱”をそそぐ、主演・演出を務めるミュージカル『Endless SHOCK』にかける思いを語った。

◆“宣伝アンバサダー”ならぬ“宣伝コメンダトーレ”!?

F1やフェラーリ好きで知られる堂本光一は、本作の“宣伝アンバサダー”ならぬ“宣伝コメンダトーレ”に就任。この就任について堂本は「非常にめっそうもない気持ちですけど、うれしいです」と笑顔を見せ、「少年の頃からフェラーリが大好きで、そんな中で…公私混同と言ってもいい(笑)このお話をいただいた時にすごく荷が重いなという気持ちと、本当にうれしいなという気持ち、そして自分がこうしてお話をすることで少しでもフェラーリの素晴らしさが伝わるといいなという思いです」と“宣伝コメンダトーレ”を務める意気込みを明かした。

◆今年でラスト『Endless SHOCK』について

本作ではエンツォ・フェラーリの“情熱”も描かれていることにちなんで、堂本に「情熱をそそいでいることは?」と質問が。堂本は「ずっとやっている舞台があるので…」と“今年でラスト”と自身が言葉にしている堂本が主演・演出を務めるミュージカル『Endless SHOCK』について話し始めた。「そこは命を注いできた、これはもう間違いなく」と明かし、「今までもずーっと限界を超えた状態でやってきたので、それよりも気合いを入れてしまうと本当に死んでしまいます(笑)だからいつも通りやることが大事なのかな」と笑顔を見せた。
レースのピットでタイヤを交換するのはたったの2秒。そのいつも通りのプレイだが、本番でそうはいかない時があると話す堂本は、『Endless SHOCK』にかける思いも同じだという。「いつも通り稽古に情熱を注いで、いつも通り自分を追い込んで。本番も、稽古でやってきたことをいつも通りやろう。それがすごく大事なことなんだな」とエンターテイナーとしての信念を語った。

さらに、「ミスは毎日起きるし、そこをどうやって自分の中で修正していこうか、それがすごく大事なこと。肩を並べて話せることではないですけど、レースの世界でも。もしかしたら世の中全員に言えることかなと思います」と観客を見渡した。

映画『フェラーリ』
7月5日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
©2023 MOTO PICTURES, LCC. STX FINANCING, LCC ALL RIGHTS RESERVED.
配給:キノフィルムズ

©2023 MOTO PICTURES, LCC. STX FINANCING, LCC ALL RIGHTS RESERVED.

写真:©entax

クオカードプレゼントキャンペーン2024

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

SNS

featured

text_newarticles

categories