上白石萌音「将来実践します」 武田真一アナと山里亮太が伝授したアドバイスとは?

2023.11.26 13:30

俳優・歌手の上白石萌音が11月2日(木)日本テレビ系情報番組『DayDay.』(月~金/あさ9時~)にてアーティストがスペシャルライブを行う『boom boom!』のコーナーに初生出演。子どもが大好きな上白石らしいトーク企画や、最新曲『ひかりのあと』をテレビ初生歌披露。entaxでは出演直後インタビューを行った。

上白石は、ロンドン公演も決まった話題の舞台『千と千尋の神隠し』で主演を務め、映画やドラマ、CMなど見ない日はないほど大活躍。そんな彼女は、2011年第8回「東宝シンデレラ」オーディションで審査員特別賞を受賞し芸能界デビュー。社会現象にもなった、2016年公開の映画『君の名は。』では、ヒロイン・宮水三葉(みやみずみつは)の声を担当し、主題歌の1つである『なんでもないや』を舞台あいさつで披露するなどその歌唱力の高さが話題に。同年に本格的に歌手デビューを果たした。バンドサウンド曲からバラードまで歌い上げる多彩な表現力と透き通る歌声で、聴く人を魅了している。

上白石萌音、アイナ・ジ・エンド

この日は、歌手のアイナ・ジ・エンドも出演し、2人は初共演となった。豪華アーティスト2組の同時登場は『DayDay.』では初となるため大きな拍手が起こり、山里は「全然タイプの違う歌姫が同時に2人もってぜいたくな朝。ドキドキしてます」と気持ちが高まっている様子。

俳優と歌手を両立し、なお活躍している上白石に山里が「仕事をする上で、俳優と歌手の違いはありますか?」と質問。上白石は「求められる技術は違いますけど、根っこは言葉を伝えることだったり、思いを届けることだと思っているので、どこかでつながっていると思っています」と、その違いと仕事への思いを明かした。

上白石萌音が武田真一&山里亮太に聞きたいこと

そして、上白石が“MCの武田真一と南海キャンディーズ・山里亮太に聞きたいこと”があるとトーク企画へ。子どもが大好きな上白石は「子どもが好きなんですけど、子どもの良いあやし方はありますか?お2人ともお父さんなのでお上手そうだなと思って」と質問。武田は「抱っこしながらお祭りのリズムであやしてました。(上下に揺れながら)“エッサホイサ”って縦揺れで」とアドバイス。

上白石萌音、武田真一

山里は「子どもは隠れるのが好きだから気が付かないフリが1番喜ぶ。“どこー?”って言って、足だけ出てると“あれー?”とか言うとゲラゲラって笑います」と子どもに好かれる方法を伝授。「なるほど~」と納得した上白石は「将来実践します」と笑顔で答えた。

最新曲『ひかりのあと』生歌披露

上白石は両手でガッツポーズをしながら「頑張ります」と意気込み、歌唱スタンバイへ。CM中、アイナや山里からエールが送られ、上白石は満面の笑みで応え、最新曲『ひかりのあと』を生歌披露した。

生歌披露を終えると、上白石の透き通る歌声にスタジオは拍手に包まれた。武田は「声と言葉がじわ~っと染み込んでくるような、素晴らしかったです」と感動。アイナは「歌う前の息を吸う仕草から“この人はプロなんだぁ”って。あと歌ってる時の透明感もすごいのに、それだけじゃなくて歌詞もしっかり入ってくる、これは憧れます」と大絶賛した。その言葉に上白石は「…明日から頑張れます、ありがとうございます」と、かみしめながらうれしそうに笑顔を見せた。

そして、初共演の2人が互いに質問をする流れに。アイナが上白石に「この前初めて映画に出演して、とっても苦戦したんです。演じることにおいて、大切にしていることはありますか?」と質問をすると、上白石は「私も難しくていまだにわからないんですけど、いただいたアドバイスで大事にしているのは“ちゃんと見て、聞いて、感じる”ことです」と真っ直ぐな目で答えた。

上白石からアイナへは「歌う時どういうことを大切にされていますか?」という質問が。アイナは「歌を好きになろうと思ってますね。歌を好きにならないと、歌に好かれないので。調子が悪くても“私は君のこと好きやけど君はどうくるの?”って思ったり…」と回答。歌姫と呼ばれるアイナらしい答えに、上白石は目を輝かせながら「なんか今日…(アイナさんと共演できて)ありがとうございます。本当にいい時間をいただきました」と感激。

2人の会話に感動した武田は目を潤ませ「あまりにも美しい会話で」と涙をぬぐうと、山里が「歌とか歌わない人が泣いてる!」と突っ込み、笑いが起こった。

上白石は視聴者に「『ひかりのあと』と『skip』という全然違った1曲が入ったシングルです。良かったら聴いてください。明日からツアーも始まります。ありがとうございました」とメッセージを送り、締めた。

■生出演直後、entaxが上白石萌音に独自インタビュー

――初出演となった『DayDay.』はいかがでしたか?

武田真一、アイナ・ジ・エンド、上白石萌音、山里亮太、黒田みゆ

ドキドキしてたんですけど、本当にスタジオの皆さんが温かくて、(武田さんと山里さんの)お2人はじめ、アイナさんがいらっしゃることも心強かったですし、ほぐしていただいたなという感じがします。テレビで見ていてもすごく素敵な空気感だなと思っていたんですけど、スタジオに来て“やっぱり”と!

――山里さんとアイナさんと“中野愛”で盛り上がりましたが、今ハマっている『〇〇愛』はありますか?

ちょっと優等生な答えになっちゃうんですけど…(笑)今日アイナさんとお話しをして、“歌愛”をもっと深めていこうと。今も大好きですけど、もっともっと精進しようと思いました。

――全国ツアー“上白石萌音『yattokosa』Tour 2023”のこだわりや注目ポイントはありますか?

今回7都市8公演で開催するのですが、それぞれの回でしか歌わないご当地の曲があります。その土地のアーティストさんのカバーや、ゆかりの曲を歌います。地元の方々にも楽しんでいただけるように頑張ります!

――ファンの方へメッセージをお願いします。

アイナさんにいっぱい力をいただきましたし、すごく勉強をさせてもらって。好きなことを好きでい続けて頑張るって素敵だなって思ったので、みんなで好きなものにまみれて生きていきたいですね。あとは体に気を付けてください!以上です!(笑)

【リリース情報】
最新曲「ひかりのあと/skip」発売中

【ライブ情報】
全国ツアー“上白石萌音『yattokosa』Tour 2023” 開催中
詳細はこちら

写真:©entax

     

関連記事

注目記事

新着記事

インタビューの記事一覧

カテゴリ一覧