安藤サクラ 岡田将生の“体当たり演技”シーンを思い出し、その場にしゃがみ込み大笑い

2023.10.19 12:15

俳優の岡田将生、安藤サクラ、吉原光夫らが10月13日に都内で行われた大ヒット上映中の映画『ゆとりですがなにか インターナショナル』の初日舞台挨拶に登壇。岡田は人生初の舞台挨拶MCを務め、豪華キャスト陣が本作の好きなシーンを振り返った。

※この記事はネタバレを含みます

『ゆとりですがなにか』は2016年に日本テレビ系列で放送された連続ドラマで、世間から“ゆとり世代”とくくられた3人組が繰り広げる、笑いあり涙ありの痛快社会派コメディー作品。

左から、安藤サクラ、松坂桃李、岡田将生、柳楽優弥、仲野太賀

■本作の好きなシーンを聞かれた吉原の回答に、安藤サクラが思わず…

この日サプライズで人生初の舞台挨拶MCを務めた岡田は、客席に降り観客から質問を募ると、観客から「映画の好きなシーンは?」と質問が。

吉原は「びっくりしたんですけど岡田君が…」と話し始め、岡田が“あるシーン”で体を張って撮影に挑んだことに驚いたと告白すると、岡田は「ちょっとダメです、その言葉はダメです」と苦笑い。このシーンは岡田の“体当たり”演技が面白く、安藤サクラは思い出したように大笑いしてしまい、思わずその場にしゃがみ込んだ。

安藤サクラ

さらに吉原は「そのシーンを見て、本当にびっくりしたんですよ。なんだこの役者はと。今どきこんなさらけ出す役者がいるんだと思って感動すら覚えた」と岡田の役者魂を絶賛していた。

岡田将生

映画『ゆとりですがなにか インターナショナル』
10月13日より全国東宝系にて公開
出演:岡田将生、松坂桃李、柳楽優弥、安藤サクラ、仲野太賀、吉岡里帆、島崎遥香、髙橋洋、青木さやか、中田喜子、吉田鋼太郎、木南晴夏、吉原光夫、上白石萌歌、加藤清史郎ほか
脚本:宮藤官九郎
監督:水田伸生

     

関連記事

注目記事

新着記事

総合の記事一覧

カテゴリ一覧