ヒロミ「すげえな、金出すから減らしてくれって」 客がお金を払ってまで量を減らしてほしいと懇願する超大盛りラーメンの店

2024.4.24 10:45

4月23日放送の『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』は、新潟県長岡市で超大盛りの店を発見。客が「少しで」と頼んでも無理やり大盛りで出す主人に、スタジオが唖然となった。

その店は創業46年の『中華大吉』。夜から深夜にかけて営業しているという店を訪ねると、なぜかシャッターが半開き。客たちはそれを勝手に上げて入店していく。カウンターだけの小さなお店だ。「これはもう知ってる人しか入れないな」と番組MCのヒロミ。

まず驚かされたのはステンレスの銀ボウルで提供される巨大なラーメン。自家製の中華麺を何と6玉。小峠英二は「(これまで紹介した)ラーメンで一番多いかも」とビックリ。それでもお値段は激安で、『ラーメン(大)』が総重量約3kg(麺だけで約2kg)で950円(※麺の量は状況により変わります)。常連客も完食するのに一苦労の様子で、食べきった客を見てヒロミは「戦い終えた感じ」と感想。

ラーメン(普通盛り)

普通盛りの『ラーメン』でも通常の店の3倍はあるかという600g以上で、お値段は850円。麺を減らしてほしいと頼む客も多いが、店主は頑なに大盛りを出す。「ちっちゃいのって言っても絶対ちっちゃいの来ないから」と諦めている客もいれば、「ほとんどキレてるくらいの感じで、減らしてくださいって言うと、ちょっと気持ち減る」とわずかながら量を減らすことに成功した客も。「2000円出すから」量を減らしてほしいと懇願する客もいて、「すげえな、金出すから減らしてくれって」とヒロミ。

塩ラーメン(850円)
チャーシュー麺(1000円)

スープには、にぼし・リンゴなど約20種類の食材を使い、高級なワタリガニまで使用されており、これには客たちも“うまい”と絶賛。常連客の一人は「ここのワンタンは一番おいしい」とワンタンメンをおすすめ。自家製の皮で作ったワンタンが 13個、麺も2玉も入った『ワンタンメン』は、お値段950円。店主の桒原(くわばら)一郎さんは「通常は麺2玉なんだけど、状況によっては3玉」と言う。これにはヒロミも「どういう状況なんだろう」と一言。桒原さんは「おいしいってのは(量が)多くないとダメ」と持論を披露するが、スタジオでは「共感できない」と笑いが起こった。

写真提供:(C)中京テレビ

クオカードプレゼントキャンペーン2024

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

SNS

featured

text_newarticles

categories