異色のマーベル映画『マダム・ウェブ』 ベールに包まれた物語が垣間見える場面写真が解禁

2024.1.30 14:15

『スパイダーマン』のソニー・ピクチャーズが贈る、マーベル初の本格ミステリー・サスペンス『マダム・ウェブ』が2月 23 日(祝・金)に公開される。原作コミックでは、未来予知でスパイダーマンを救う重要なキャラクターとして描かれるマダム・ウェブ。本作はマダム・ウェブ誕生の物語であり、これまでのマーベルと一線を画す、壮大な本格ミステリー・サスペンスとなっている。

偶然に出会った3人の少女が黒いマスクの男に殺されるという悪夢のようなビジョンを見てしまったことから、キャシー(マダム・ウェブ)は3人を助けることを決意する。彼女たちに隠された「重要な使命」を知るのは世界でたった一人キャシーだけ。最悪の未来を見たことから物語が予想もつかない方向へ動き出していく―。

このたび、キャシー・ウェブ(マダム・ウェブ)のベールに包まれたストーリーが垣間見える場面写真と、本作が“異色のマーベル映画”である理由をキャストたちが語った特別映像が解禁された。<未来予知>の能力を突然手に入れた救急救命士キャシー・ウェブことマダム・ウェブ(演:ダコタ・ジョンソン)がその能力に目覚めた瞬間を収めたシーンから、謎に包まれた自身のルーツを探っていると思われるシーン、さらに黒いマスクの男、エゼキエル・シムズ(演:タハール・ラヒム)に追われ、未来に重要な使命を持つという3人の少女、ジュリア・コーンウォール(演:シドニー・ス ウィーニー)、アーニャ・コラソン(演:イザベラ・メルセド)、マティ・フランクリン(演:セレステ・オコナー)を地下鉄から救い出し、行動を共にすることになったシーン、さらにその彼女たちと必死に逃げるシーンの全 4 カット!正義感にあふれた救急救命士キャシー・ウェブの顔から次第に、運命に挑む勇ましいマダム・ウェブの表情へと変わっていく様にも注目だ。

同時に解禁された特別映像では、キャストたちの証言によって「マダム・ウェブがなぜ異色のマーベル映画なのか」がわかるものとなっている。キャシー・ウェブ(マダム・ウェブ)役のダコタ・ジョンソンは本作のストーリーを「スーパーヒーロー映画だけど、ストーリーが現実 に即している」と話し、一方でジュリア・コーンウォール役のシドニー・スウィーニーは「サスペンスに満ちている、異色のスーパーヒーロー映画」と分析する。

謎に包まれた異色のマーベル映画『マダム・ウェブ』。今回解禁された緊迫感のある場面写真がより一層観る者の興味を惹きつけるような作品となっている。

【ストーリー】
ニューヨーク。救急救命士として働くキャシー・ウェブ(後のマダム・ウェブ)は、一人でも多くの命を救うため日々奮闘していた。ある 時、救命活動中に生死を彷徨う大事故に巻き込まれてしまう。それ以来、キャシーはデジャブのような奇妙な体験を重ねるのだった。 自分に何が起きているのか戸惑うキャシーだったが、偶然にも出会った 3 人の少女たちが、黒いマスクの男に殺される悪夢のような ビジョンを見てしまう。それが未来に起きる出来事だと確信したキャシーは、少女たちを助けることを決意。未来が見えるという不思 議な力を使い何度も危機を回避するが、謎の男はどこまでも追ってくる…。男の目的は一体?なぜ執拗に少女たちを追うのか? やがて明らかになる、少女たちの<使命>とキャシーの能力の秘密。少女たちを守る先に、彼女が救うことになる<未来>の正体 とは――?

画像提供:© & ™ 2024 MARVEL

この記事の画像(6枚)

すべての画像を見る
  • Twitter
  • Facebook
  • Line

SNS

featured

text_newarticles

categories