中条あやみ「唇が2倍に…」 竹内涼真とのキスシーン後の衝撃ハプニングを告白

2024.1.27 17:30

俳優の竹内涼真が1月26日『劇場版 君と世界が終わる日に FINAL』初日舞台あいさつに登場。サプライズゲストとして劇中で恋人役だった中条あやみも登場し、撮影中の衝撃エピソードを明かした。


『君と世界が終わる日に』(通称:きみセカ) は2021年1月に日本テレビと Hulu 共同製作ドラマとして、放送がスタート。ゴーレムウィルスというかまれたら化け物になってしまう“謎の感染症”によって突然日常を奪われた人々の過酷なサバイバルを3シーズンに渡って描いてきた『きみセカ』だがこの度、劇場版として完結。

中条が登場すると、竹内は「(中条とは)冒頭の回想シーンで、すごくあったかい穏やかなシーンでまた再会させていただいた」と撮影を振り返り、中条は「『きみセカ』シリーズどんどん響(竹内)がワイルドになっていく。この映画ではちゃんと服を着ているか心配だったんですけど、服着てて安心しました」と笑いを交えながら安堵(あんど)の表情を浮かべた。

中条あやみ(左)と竹内涼真(右)

劇場版の1つ前のシーズン3ではゴーレムになってしまった中条を竹内が拳銃で撃つという衝撃的なラストで物語を終えた。

その時のエピソードとして竹内は「撮影前から憂鬱(ゆううつ)でそのシーンがくるのが嫌だった。でも彼女はすごく吹っ切れていて笑顔だったんです。あの瞬間の主役は本当に彼女。女性の強さをもらえた」と語ると中条は「キスシーンの後、唇が2倍に腫れたんです。だから涼真君のせいだなって思っていて。変なのがうつったのかなって思っていたんですけど、結果すごく寒い海辺で撮っていたから寒冷じんましんだった」と衝撃エピソードを告白。

すかさず竹内も「僕とキスすると唇が腫れるんです!キスシーン待ってます!」と声を大にし、客席を笑わせた。

“この映画はラブストーリー。愛の物語を描きたかった”という竹内は最後「僕らの強みはドラマからシーズンを重ねて映画化できたこと。この道のりはチームの財産で、ここで培ってきた仲間との時間だったり、愛は今上映している映画のどこにも負けないくらいの凄まじい力を持っていると思います。今僕らが一番全力を尽くして描いた愛の物語。寒い冬にこの愛情たっぷりの映画が一人でも多くの方に届けばいいなと思っています」と締めくくった。


映画『劇場版 君と世界が終わる日に FINAL』 2024年1月26日(金)全国ロードショー

写真:©entax

     

関連記事

注目記事

新着記事

イベントの記事一覧

カテゴリ一覧