『セクシー田中さん』笙野との初デートで大混乱…田中さんの仰天メイクにSNS騒然「何をどう間違ったら…」

2023.12.5 15:00

12月3日に日本テレビ系日曜ドラマ『セクシー田中さん』の第7話が放送された。

(※以下、ネタバレを含みます)

会社では地味なOLだが、夜になると妖艶なベリーダンサー“Sali”という裏の顔を持つ田中京子(木南晴夏)は、ある時、客席に同僚がいることに気づくと腹痛でステージの出番を飛ばしてしまう。それでも笙野(毎熊克哉)がぎこちないダラブッカでつなぎ、三好(安田顕)のフォローもありその場をなんとかしのいだ。

一方、朱里(生見愛瑠)が小西(前田公輝)と帰宅途中、朱里が一度関係を持った友達の進吾(川村壱馬)と鉢合わせしてしまう。ただ、朱里のいない時に小西と進吾はなぜか意気投合し、飲みにいく約束を交わす。朱里は、2人の接触を受け入れられず小西に「DVと根っこが同じ」と思わずキツい言葉を浴びせる。小西もショックを受けたものの後日、進吾とお酒を飲むことに。

小西はモテない時期があったことや、商社マンとして高年収をもらえたことで学生時代憧れだった人とも一夜を共にしながらも「何が欲しかったんだっけ?」とモヤモヤした心情を抱いたことがあるといった話を進吾に打ち明けた。小西と打ち解けた進吾は朱里へのある伝言を託す。

急きょ、朱里から連絡があり、友達が家に遊びに来ることに浮き足立つ田中さんであったが、小西とケンカしたばかりの朱里の表情は暗かった。朱里は小西にキツい言葉を浴びせたことを悔やんでおり、自分が求めているのは、スキンシップや駆け引きといった表面的なものではないと漏らした。そんな朱里に田中さんは「恋はいらないの、欲しいのは尊重されること…」と朱里のモヤモヤを表すかのような映画のセリフを口にした。

朱里と会った小西は、進吾と2人で飲んだことを謝ると、朱里もキツい言葉を浴びせてしまったことを小西に謝罪。そして小西は、進吾からの伝言を朱里に伝える。

ブラック企業に近い今の職場を辞めたという進吾は、朱里に対し今まで都合のいい時にだけ甘え、触れなくても隣に柔らかいものが寝ているだけで癒される存在であったとし、そして朱里のダンスを見て悩んでいる自分が馬鹿馬鹿しくなったと語った上で、改めてこう語った。「君のダンスはへっぽこだけど、人を変える力がある」これこそが、朱里への伝言であった。

笙野から食事に誘われた田中さんは、朱里から「笙野と2人でデートしてきてください」と言われる。“デート”という言葉に混乱する田中さんであったが、見合ったメイク、服装で笙野と会うことを決意。笙野もまた田中さんは尊敬できる人であるが、好きかどうかは複雑な感情で待ち合わせ場所へ。

笙野が到着すると、そこには仰天メイクの田中さんが立っていた。一瞬言葉を失う笙野であったが、約束通り食事を堪能する2人。笙野の学生時代の話などで盛り上がったが、飲み過ぎた笙野は、酔い潰れてしまう。帰る途中、田中さんを見て「ひっでぇ顔、バケモンかよ」と心無い言葉を放つタクシー待ちの男に「本当は奇麗なんだよこの人は!」とつかみかかる笙野。振りほどかれた勢いで足を打ち付けもん絶。翌朝大きく腫れ上がった足に絶叫した。笙野は、靭帯(じんたい)損傷の重傷を負いそれを聞いた田中さんは、肩の痛みで苦しんでいた時のお礼に、笙野を手伝うことを約束。そして田中さんの勝負メイクの画像を確認した朱里は思わず絶叫する。

SNSでも田中さんのメイクについては「盛りすぎ!間違ってる!!」「何をどう間違ったらそうなるん田中さんw」「調べて出てきたもの全部盛り込んだろ」と大きな反響を呼んだ。

次回第8話、田中さんが笙野の家に手料理を持って訪れるとやってきた笙野の親に勘違いをされてしまう。一方、朱里はモテメイクで田中さんを変身させようとするも…

日本テレビ系日曜ドラマ『セクシー田中さん』
第8話は12月10日(日)よる10時30分から放送

【TVer】最新話を無料配信中!
【Hulu】最新〜過去話配信中!

画像提供:(C)日テレ

     

関連記事

注目記事

新着記事

ドラマの記事一覧

カテゴリ一覧