桜井ユキ「私は単純に使い物にならなかった」 遅咲きの俳優との評価を冷静に否定

2023.9.19 11:30

俳優の桜井ユキが9月15日放送の日本テレビ系『Google Pixel presents ANOTHER SKY(アナザースカイ)』に出演。12年になる俳優人生を振り返った。

俳優を目指して19歳で上京するも、1年で故郷に戻った桜井。地元の飲食店でバイトを続け、23歳で再び上京し、24歳で俳優デビューした当時を振り返り、「私よく“遅咲き”とかっていうことを言っていただくんですけど、私は単純にその年齢まで使い物にならなかったっていう感覚なので」と胸の内を告白。さらに「バイト先だったりもそうなんですけど、24歳まで普通に、皆さんと同様、働くことができたので、もう本当、“財産です”って言えるくらいの時間でしたし、強みはそこですかね」と、上京する前に培った経験や思いを大事にしてきたことを明かした。

そして、「私、樹木希林さんすごく素敵な女優さんだと思うんですけど」と憧れの存在を告白した桜井は、「樹木さんが何かのインタビューで仰ってたんですけど、“年齢を重ねて、そしてその年齢の普通の生活をしてる人が演じれなきゃ役者じゃない”っていうことをおっしゃてて。分かりやすく言うと、お母さん、おばあちゃん、そういうのが自然に自分がなじめる役者になりたいなとは思います」と、俳優としての目標を明かした。

最後にMCの今田耕司が、桜井のアナザースカイ『大分』について、「“大分での日々っていうのが今に生きているな”って思うことってありますか?」と尋ねると、「美しいと思うものだったり、悲しいって思うもの。そういう感情の一つ一つを教えてくれたのが、本当にあの大分で過ごした時間だったので。もうむしろ“私の根本はそこだな”と思いますね。愛すべき原点ですね」と、生まれ育った地への熱い思いを語り、締めくくった。

【TVer】最新話を無料配信中!
【Hulu】最新~過去話配信中!

写真提供:(C)日テレ

     

関連記事

注目記事

新着記事

バラエティの記事一覧

カテゴリ一覧