ついに鵜久森の死の真相が明かされる『最高の教師』 第9話 SNSでは「今週も大号泣だった」「これほど激情にまみれた学園ドラマをいま地上波で見られると思わなかった」

2023.9.18 18:00

9月16日に日本テレビ系土曜ドラマ『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』の第9話が放送され、SNS上でも「今日も涙なしでは見れなかった」、「最初から展開がすごかった」といった反響が見られた。

3年D組の担任・九条里奈(松岡茉優)は、卒業式の日、何者かに校舎の4階から突き落とされてしまう。恐怖の中、目に入ったのは“D組 卒業おめでとう”と記された深紅のコサージュ。犯人は、自分のクラスの生徒なのか?――1年後“生徒に殺されないため”3年D組の生徒全員が心の底から笑って卒業できるよう“何でもする”という強い覚悟で『2度目の1年』に挑む九条の教師生活が始まった。最愛の生徒でもある鵜久森叶(芦田愛菜)が1周目に自ら命を絶ったその日、2周目の人生でも非業の死を遂げてしまう。そして、D組の生徒たちの奔走により鵜久森の死の真相が明らかになろうとしていた。

鵜久森が亡くなった日、部外者でもあるにもかかわらず高校に姿を現していた浜岡修吾(青木柚)の居場所を突き止めた迫田竜輝(橘優輝)たちは、その日、校内にいた理由を浜岡に問いただした。すると、浜岡はあっさりと西野美月(茅島みずき)に呼ばれたことを明かした。ただ浜岡はあくまでも、クラスでの居心地が悪くなった西野の“形勢逆転するための材料”探しを手伝っただけで、鵜久森の死への関与を強く否定した。

九条は、夫の九条蓮(松下洸平)に鵜久森のことを話していた。鵜久森が亡くなった日に1人で新校舎に行ったのは“誰にも知られたくない何か”を守るためではないかと九条が自分の考えを明かした。かつて文化祭で鵜久森と会話を交わしていた蓮は、嬉しそうに鵜久森が九条のことを話すその時を振り返り、鵜久森が優しくて強すぎる故に自分で背負い込んでしまったのではないか、と思いを巡らした。また「里奈も、もっと弱くていいからな」と優しい言葉をかけた。

一方、鵜久森の母・美雪(吉田羊)は、愛娘の死と向き合うため娘が命を落とした場所を訪れていた。美雪は苦しいながらも、相楽琉偉(加藤清史郎)が勇気を持って鵜久森の祭壇を訪れたこともあり、自分も娘の亡くなった場所に来ようと思ったという胸の内を教頭の我修院学(荒川良々)、九条らに語った。授業時間になり九条が、D組に入ると西野美月(茅島みずき)、金澤優芽(田鍋梨々花)、野辺桐子(田牧そら)が欠席していることに気が付く。浜岡の居場所が特定されたことを知った西野たちのグループは、精神的に混乱し、追い詰められていた。そして九条はふと、鵜久森の母がつぶやいた「そんな想像すらしてなかったのに、何かのきっかけで想像すらもしたくないことが起きてしまう」という言葉が頭をよぎる。九条は最悪な事態を避けるべく3人を探しに学校を飛び出した。

そんな九条の様子を見たD組の生徒たちも、“最悪の結末”を避けるべく、西野、金澤、野辺の3人を探しに出ようとする。九条から連絡を受けD組に来た教頭の我修院は、取り乱さないよう、生徒たちを教室に引き止めた。ただ、生徒たちは西野、金澤、野辺が最悪の結末を迎える可能性があることを我修院に話し、彼女らの捜索を懇願した。さらに「俺が言う権利はないかもしれないけど」と前置きした上で相楽も「ここで何もしなかったら鵜久森にも申し訳が立たねえ…」と、“真剣に向き合う”決意を静かに語った。生徒たちの熱い思いに我修院は応え、西野らの捜索をお願いした。

一方で、九条の親友、勝見夏穂(ラランド・サーヤ)と早乙女智美(森田望智)がボウリング場にいると、暗い顔をしている西野らの姿に早乙女が気づいた。制服からして九条の学校の生徒と思われる3人が昼間のその時間にボウリング場にいることを不審に感じた早乙女は九条に連絡を入れた。

ボウリング場を後にした西野らは「じゃあそろそろケリつけようか」とビルの屋上に向かった。3人が手を繋ぎ飛び降りようとするも、恐怖のあまり踏み出せずにいた。そんな3人を見かけたD組の月野春香(柿原りんか)は、体を震わせながら「今、3人がしようとしていることだけは嫌だ!」と声を荒げた。さらに、穂積渚(白倉碧空)も、かつて西野たちに虐げられてきた自分達でも、その選択はとってほしくないことを涙ながらに訴えかけた。それに対し西野が「じゃあどうしたら…この責任の取り方以外、私たちは何をしたら…」と泣きながら叫ぶと、連絡を受けて後からやってきた東風谷葵(當真あみ)が、「全部を明らかにするの!」と大きな声で答えた。続けて、東風谷は鵜久森の死の真相を明かすべきであるし、そのまま3人に「みんなで帰ろう。私たちの教室に」と戻るよう説得した。

教室に戻ってきた西野らに九条は「あの選択で全てを終わらそうとしてはいけない」と話し、そのまま生徒たちだけで話をするように伝えた。その後、西野の口から鵜久森の死に関しての真相が明かされた。西野は立ち上がると「この2人は本当は関係ない」と金澤、野辺が直接の関わりがないことを説明。その上で、大粒の涙を流しながら「私はそんなつもりなかった」と訴えかけた。事の発端は浜岡が「お前、最近学校全然楽しくないんだろ」と西野に声をかけたことから始まった。さらに浜岡は「金さえ払えば、俺がひっくり返してやるよ」と持ちかけた。クラスでの居場所を失うことを恐れた西野が、その誘いに乗ると浜岡は九条をターゲットにし、化学準備室に隠しカメラを仕掛けた。すると、たまたま東風谷が自分の思いを鵜久森に打ち明ける場面を隠しカメラが捉え、それを“形勢逆転するための材料”にしようと浜岡に言われ西野は鵜久森を脅そうと画策した。西野は“東風谷との話をバラされたくなければ放課後に新校舎の吹き抜け廊下へ来ること”と書いた紙を鵜久森のロッカーに入れると、金澤、野辺を見張り役にし、新校舎へ向かった。鵜久森は、指示に従って吹き抜けの廊下に姿を現したが、鵜久森自身がそのことをバラされるのが嫌という訳ではなかった。西野と対面した鵜久森は「誰かを傷つけて笑ってることの何が楽しいの」と語りかけると、人を傷つけて喜びを感じることをやめるよう西野を説得した。鵜久森が姿を見せたのは、人を傷つけることを何とも思わない人間を変えるためで、また、東風谷を危険な目に合わせないために1人で姿を現したのであった。そのまま隠し撮りの映像が入ったカードを奪おうとつかみ合いになる中で、鵜久森の身は放り出されてしまった。事の真相を話し終えた西野は号泣しながら改めて「そんなつもりじゃなかった」と主張した。

すると、九条が「ふざけるな」と呟き西野の元へ。九条は命を失った生徒がいるにも関わらず「そんなつもりじゃない」の一言で逃げようとする西野を涙ながらに叱責した。続けて九条はクラス全員に対して、わずかな想像の欠如が、他人に心の痛みを与え、それが一生心に残る傷になりうることを訴えかけた。そして改めて、鵜久森を陥れようとしていた西野らに対し「自分を守るために人を傷つけることが癖になっている無自覚な動物そのもの」と強く非難した。

九条の言葉に対し、泣きながら「いない人には償えない」と話す野辺に、どう償うか、どう生きるかは自分には伝えることはできないと九条が話していると、鵜久森の母・美雪が教室に姿を現した。美雪は教室の会話を聞いておりその上で、謝罪する西野らに「最悪の終わりを選ぶことはしないでほしい」と深く頭を下げた。そして鵜久森から命を奪った者として“どう償うか、どう生きるか”について美雪は「忘れないでいてほしい」と話すと、大粒の涙を流しながら、鵜久森の存在をどうか忘れないでいてほしい「たった一つ、それだけ」と言い終え再度、深々と頭を下げた。西野らは溢れ出る涙と共に何度も「ごめんなさい」と謝罪した。このシーンにはSNS上でも「お母さんの言葉が芯まで響いてくる」、「鵜久森さんの強さはお母さん譲りなんだ」という感想が多く見られた。

その後、警察に向かう西野らを元々同じグループでつるんでいた江波美里(AKB48・本田仁美)が後ろから呼び止め「私たち何があってもずっと友達だよね?」と声をかけた。かつて江波が西野に問いかけたこのセリフが再び登場したことで視聴者も「ずっと友達、ここで伏線か!」、「前と同じセリフなのに捉え方が違って、刺さる」とSNS上でも話題になった。

雀荘にたむろする浜岡の前に突然、相楽が現れると「やぁ探したよ。ずいぶん遠くまで逃げたんだね」と声をかけた。驚く浜岡に相楽は、西野がクラスで居場所を失いつつあることを浜岡に告げ口し、浜岡が西野をそそのかすきっかけとなった人物を問いただした。

鵜久森の死の真相が明らかになった後、九条は1周目の人生で自分を死に追いやった人物についてその正体が西野ではなく「あの人であることは間違いない」と確信しており、卒業式の日にその人物と向き合うことを決意する。

次回、ついに最終話を迎える第10話、九条が1周目に命を奪われた卒業式の日を2周目でも迎えようとしていた。生徒たちと向き合い、運命を変えるため駆け抜けた1年の最後の日でもある卒業式の日に九条は、自らの運命の鍵を握るある人物と向かい合うこととなる。

最終回を前にSNS上では「やっぱり黒幕は星崎くん?」、「星崎くんが怪しいけど九条先生を突き落とす理由がわからない」と、星崎透(奥平大兼)を怪しむ声が多数見られた。

『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』
日本テレビ系 毎週土曜 よる10時00分 放送 ※TVer・Huluでも配信
TVer・Huluでは、毎週金曜24 時30 分から定時配信

【TVer】最新話を無料配信中!
【Hulu】最新~過去話配信中!

写真提供:(C)日テレ

     

関連記事

注目記事

新着記事

ドラマの記事一覧

カテゴリ一覧