岸井ゆきの 19歳で訪れた思い出の“ベルギー” 無邪気に本場ベルギービール&ワッフルを堪能!

2023.8.25 08:00

8月25日よる11時から放送の日本テレビ『Google Pixel presents ANOTHER SKY (アナザースカイ)』のゲストは俳優の岸井ゆきの。12年前、家族と一緒に巡った場所“ベルギー”を訪れ、足跡をたどる。

「海外行くの好きですね、1人でも行くし」と話す岸井。1年に1回は海外旅行に行くという岸井のアナザースカイ“ベルギー”は、その発端となった場所だという。「旅のルールは、体重を落としてから行きます、好きなものをおとがめ無く食べられるように」と笑顔を見せた岸井は、ベルギーで外せない食、本場の“ワッフル”を堪能し、見事な食リポを披露。さらに「今日は“絶対ベルギービール飲むぞ!”と思って来ました」と宣言し、待望の本場ベルギービールと、名物料理を無邪気に楽しむ。

本場の“ワッフル”を堪能した岸井ゆきの

続いて訪れたのは、ブリュッセルで最も有名なアンティークマーケット。“私生活で欠かせない物”を探しに来たという岸井は、気になった商品を手に取り「もう欲しい、どうしよう」と大興奮。学生時代からほぼ毎日映画を観てきたと話し、“生活の軸に映画がある”という岸井は「映画に出てくる人に憧れて、主人公が着てる服を血眼になって探して」と、映画への思いを熱い思いを告白。

美術館を訪問した岸井ゆきの

そして映画と並んで岸井に欠かせないというのが“絵画”。12年前も大好きな絵を観るためにベルギーを訪れたという。この日も、岸井が最も会いたかった人だというルネ・マグリットの作品を観るために美術館を訪問し、作者の意図を自分なりの解釈で存分に堪能。そんな岸井は、映画『In Bruges』(邦題:『ヒットマンズ・レクイエム』)のロケ地だった水の都・ブルージュにも足を運び、「テンション上がります」と街を巡りながら、岸井ならではの映画の楽しみ方を明かす。

今田耕司(左)、岸井ゆきの(中央)、中条あやみ(右)

岸井は旅の道中で、「みんなの全力投球がひとつの画になっているので、それが好きなんですよね」と、役者を続ける理由を告白。“芝居よりも、作品を観てもらいたい”という岸井は「“自分の力じゃないな”って思う。皆がいないとできない」と胸の内を明かす。そして、「ちゃんと私生きてきたんだな」とベルギーを訪れてからの12年を振り返り、「自分が思った通りに人生が進んでいったら嫌じゃないですか」と、映画、絵画、そして人生に対する本音を語り尽くす。

岸井の魅力が詰まった『アナザースカイ』は、日本テレビ系にて今夜11時から放送。
※『FIBAバスケットボールワールドカップ2023』中継により放送時間変更の可能性があります。

写真提供:(C)日テレ

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

SNS

featured

text_newarticles

categories