綾瀬はるか 新作アクション映画で“ダークヒロイン”に変身「この作品のために髪も切って、また新たな挑戦だなとワクワクしました」

2023.3.2 12:15

【ZIP!×entax】

俳優の綾瀬はるかが、8月公開の映画『リボルバー・リリー』のキャストお披露目会見に登場。その様子が1日の日本テレビ系朝の情報番組『ZIP!』で放送された。

本作は、原作のハードボイルド小説を行定勲監督が映画化。大正時代の東京を舞台に、綾瀬演じる元敏腕スパイ・リリーが悪と戦うアクション大作となっている。

この日は、映画の会見ではあまり見かけない“ランウェイ”を歩いて、豪華キャストが1人ずつ華々しく登場。綾瀬は「ちょっと慣れない登場で緊張しました」と語るも、ランウェイでは拳銃を打つ仕草も見せ、「ダークヒロインということでやってみました」と笑顔を見せた。

綾瀬は、本作への出演について「原作がスケールの大きな作品だったので、これが映像になるとどんな風になるんだろうっていうワクワク感がありました。アクションシーンがたくさんあるので、体作りが大変。この作品のために髪も切ったりして、また新たな挑戦だなとワクワクしました」と明かした。また、公開に向けては「お客さんを物語にいざなって、心が揺さぶられるような作品になるといいなと期待しています」と意気込んだ。

写真提供:(C)日テレ

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

SNS

featured

text_newarticles

categories