なにわ男子・藤原丈一郎、ぬるぬるネバネバ“謎の汁”郷土メシに大興奮

2023.2.5 19:58

TOKIO・国分太一と、なにわ男子・藤原丈一郎が、5日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』に出演。日本全国を訪れてきたTOKIOがまだ行ったことのない、未踏の地で未知の料理を食するという好評企画『DASHメシ遺産』で、三重県・答志島(とうしじま)に向かった。

三重県・答志島(とうしじま)

農林水産省の郷土料理リストに載っていない“知る人ぞ知る超郷土メシ”を探すべく伊勢湾最大の“漁師島”で聞き込みを開始。すると『メーブ』や『メー』という聞き慣れない食材があることを教えてもらう。しかも答志島では、その食材で『メーブ汁』と呼ばれる“ご飯3杯はいける漁師メシ”を作って食べると聞き、2人も興味津々。

国分と藤原が情報提供してくれた地元の方の家にお邪魔すると、『メー』は『わかめ』、『メーブ』は『めかぶ』のことだと判明した。さらに『めーぶ汁』とは“ご飯にかけて食べるネバネバとろとろのめかぶ”だとわかり一同驚がく。藤原は「ええ〜! 僕らが想像してたのはおみそ汁…」と驚いたが、国分は「そういうことなの!? これはローカルでしょ! (農林水産省の郷土料理リストに載っていない)メシ遺産だよ!」と大喜び。

『めーぶ汁』

さっそく頂いてみると、藤原は「とろとろとしゃきしゃきが絶妙! たまらないですね」と大興奮。国分も「食感すごいぞ! もうこれを知ったら他のめかぶは食べられないな」と『めーぶ汁』の独特の食感と味を大絶賛した。特に国分は「今のところメシ遺産の中でナンバーワンかも」と大のお気に入りになった様子だった。

『めーの茎のつくだ煮』

そんな発言に気を良くした地元の方から「食べて食べて」と『めーの茎のつくだ煮』や『韓国のり』などなど次々におもてなし料理が振る舞われ、最後は番組スタッフの分まで用意してくれる至れり尽くせりの事態に発展。

答志島は人情あふれる“やさしさ遺産”の島だった。

【TVer】最新話を無料配信中!
【Hulu】最新~過去話配信中!

写真提供:(C)日テレ

     

関連記事

注目記事

新着記事

バラエティの記事一覧

カテゴリ一覧