香取慎吾 “ドラマのセリフを一切覚えてこないのに本番でほぼNG無し”…加藤浩次の証言に秘密を明かす

2024.2.13 11:00

俳優の香取慎吾が2月11日放送の『行列のできる相談所』に出演。人気ドラマ『人にやさしく』で共演した加藤浩次から“香取のスゴすぎ伝説”が明かされ、スタジオを驚かせた。

この日、22年前のドラマ『人にやさしく』メンバーがスタジオに集結し、当時の思い出話で盛り上がる中、加藤が「現場にね、セリフ一切覚えてこないんですよ」と暴露すると、香取は「そうですね、(事前に)台本をあんま見たくない」とその理由を告白。

ドラマの長セリフも事前に入れず、カメリハでは台本を見ながら合わせ、「そこから、技術さんが照明を直したりとか、その間にセットの裏で(セリフ)入れるんですよ。これね、お世辞でも何でもなく、ほとんどNGがなかった」と、短時間でセリフ入れたにも関わらず、NGがなかったことを加藤から明かされると、スタジオは騒然。

すると香取は“セリフの入れ方”について、映画を1回見た後にその映画を思い出しながら感想を話すことをたとえに、「そういう感じで1回台本見たら、ある程度は覚えるじゃないですか」と、持論を明かし、家でセリフを覚えない理由については、「家に仕事を持ち込みたくない」ときっぱり。

NHKの大河ドラマ『新選組!』に出演した時は、現場に入ってメイクをする時間に“セリフを入れていた”といい、時間のない中「これはマズい」と焦りを感じ始めることも。そんな時に、メイク担当の方やカツラ担当の方が、支度が終わっているにも関わらず、まだ終わっていないフリをしてくれて、時間を稼いでくれたと振り返り「“すいません“って言いながら覚えていた」と秘話を明かした香取。

東野幸治が「移動中の車内でやったらええんちゃう?」と提案すると、「そうですね…」と考え込んだ後、「でもまあ…なんだろうな…いろんな仕事をやってんだよ!」と心の叫びを明かし、スタジオは大きな笑いに包まれた。

【TVer】最新話を無料配信中!

写真提供:(C)日テレ

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

SNS

featured

text_newarticles

categories