アニメ『薬屋のひとりごと』17話 猫猫と壬氏のほんわかデート回に「壬氏様のウキウキっぷりかわいいなあ」

2024.2.6 18:45

アニメ『薬屋のひとりごと』の第17話『街歩き』が2月3日に放送された。ある時猫猫(マオマオ)は壬氏(ジンシ)に化粧で別人に変えてくれと頼まれた。壬氏を平民のような出立ちの別人へと変身させた猫猫は久しぶりの休みに里帰りを考えるが、水蓮(スイレン)と高順(ガオシュン)に引き止められて自分も変装することになってしまい、壬氏と共に街を歩くはめになる。

(以下、アニメ最新話までのネタバレを含みます)

◆「別人になりたい」壬氏の目的とは?

ある日、猫猫は壬氏に突然「俺に化粧をしてくれないか?」と問われる。自慢の美貌を使い、女装して国でも滅ぼす気かと問う猫猫だったが、どうやら違うらしい。「顔を変えられる薬があれば便利なのだが」と壬氏。「平民を装いたいということでしたら、できないこともありませんけど」と答える猫猫に、壬氏は「ではそれを頼む。俺を今とまったく違う姿の人間にしてくれ」と懇願する。「一体なにをする気やら」といぶかしがる猫猫だが、「やるなら徹底的に!」と壬氏を別人に変身させる作戦に協力することに。

壬氏の匂いをかぎ「こんな上等の香を焚(た)く庶民はいません」という猫猫は、“妓楼(ぎろう)の上客の見分け方“を説き始めた。悪趣味な香をいくつも漂わせている客は、金はあるが性病の可能性が高く、家畜の臭いがすれば風呂に入らず不衛生で、そういった一見の客はほとんど追い返されるという。猫猫はあえて臭いの残っている洗う前の衣を壬氏に着させ、さらに自慢の髪も油と塩で髪の光沢を無くして質感を悪くし、みすぼらしい布の切れ端でまとめることで、風呂にも入れない平民らしい仕上がりに。肉体は筋肉質で男らしいため、サラシを体中で巻くことで腹の出ただらしない肉体にする。

仕上げに色の濃いおしろいを塗り、日焼けした顔色に、くまやほくろを付け足し、眉は左右の大きさを変えながら描き、輪郭を変えるため綿を口に含ませて、だらしない体型の平民姿となった壬氏が完成。その仕上がりは長年壬氏に仕え続けた侍女の水蓮が「まあ、本当に坊ちゃん?」と疑うほど。手がけた猫猫も「自分にできることは全てやった」と出来栄えに納得した様子。

そして翌日、猫猫は里帰りを控えていた。ウキウキで準備する猫猫の前に、突然高順と水蓮が現れる。
「今日は実家に帰ると言っていましたね。それなら壬氏さまも途中まで同じ道筋ですよね。別人に変装したところで、いつもと同じ従者を連れていてはおかしく思われるでしょう」と、あろうことか壬氏とともに外出することを高順に提案される。なんとか断ろうとする猫猫だったが、水蓮に「なら、猫猫も変装すればいいんじゃない?」とまさかのカウンターをくらう。

結局猫猫は押し切られ、彼女も変装させられた上、壬氏の外出に付き合うことになってしまった。猫猫は水蓮のもと、美しい着物と化粧でお嬢様風の姿に。こうして、2人はお嬢様とそのお付きの下男を演じながら、花街を散策することになった。どうやら、仕事にかかりきりの壬氏のために、お気に入りの下女・猫猫とのデートをセッティングしてあげるという水蓮と高順の策略だったようだ。

◆猫猫と壬氏の花街デートは不穏な結末に…

あめ細工やまんじゅう、果実水などの露店を物珍しそうに眺める壬氏と、その前をスタスタと歩く猫猫。しかし、いざ2人きりになると中々うまく話ができず、気まずい雰囲気を変えるため、猫猫は小走りでどこかへ向かう。

戻ってきた猫猫が抱えていたのは、おいしそうな鳥の串焼き2本。宮廷ではなかなか味わえない下町の味だ。久しぶりに食べるなじみの味にうっとりする猫猫。毒が無いか恐る恐る口にした壬氏も「野営の時のより美味いな。塩がきいている」とご満悦。

SNS上も「壬氏様が楽しそうで何より」「設定忘れて浮かれるしワガママ言うし可愛いすぎる」「壬氏様のウキウキっぷりかわいいなあ」と、2人のぎこちないデートをほほ笑ましく見守っていた。

花街を歩くことで2人の距離も近づいたように思えたが、そんなデート回も終盤に急展開を迎える。目的地まで案内されて解散する直前、突然壬氏が「妓女の価値を下げるにはどうすればいい?」と猫猫に尋ねたのだ。思わぬことを聞かれ、「不愉快なことを聞きますね」と壬氏をにらみつける猫猫。その上で、「手つかずの花だからこそ、価値があるのです。手折れば、それだけで価値は半減します。さらに子をはらませれば、価値などないに等しくなります」と花街の現実を冷たく伝える。再び2人の間に気まずい雰囲気が流れたところで、17話が終了した。

SNS上では「何で最後にそんなこと聞いちゃうかな」「せっかくいいデート回だったのに最後不穏な空気で終わってしまった」「ムズキュンだけでは終わらないのが「薬屋のひとりごと」なんですよね」と、ただのデート回では終わらないストーリー展開にヤキモキしているようだった。

『薬屋のひとりごと』次話は、2月10日(土)よる24時55分、日本テレビ系にて放送予定。

©日向夏・イマジカインフォス/「薬屋のひとりごと」製作委員会

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

SNS

featured

text_newarticles

categories