獣が次のターゲットを!助けたければ “犯罪計画の真相を暴け”の条件が…予想外の展開に突き進む(ネタバレあり)

2024.1.28 12:45

1月27日(土)に放送されたドラマ『新空港占拠』では、獣が人質の中から次のターゲットを選び、その命を奪おうとする。助けたければ、“ある犯罪計画”の真相を暴けという。しかしタイムリミットは50分という予想外の展開になった。(以下、ネタバレを含む)

獣のワナにかかってしまった武蔵(櫻井翔)は、本庄(瀧内公美)の救出に必要な鍵のありかを知り、がくぜんとする…。鍵は、武蔵の体の“ある部分”に埋め込まれていた…「ウソだろ…」。追い詰められた武蔵と本庄の運命は?

その頃、裕子(比嘉愛未)は、謎の男(ジェシー)に脅されながら、えみりの待つ自宅に戻り、謎の男の治療を始める。

空港では、秘密の通路を通って脱出を試みる宇和島(濱津隆之)たちが、あと一歩のところで獣に気付かれてしまい絶体絶命に!

そんな中、獣のリーダー・龍は、人質の中から次のターゲットを選び、その命を奪おうとする。助けたければ、ターゲットが企てていた“ある犯罪計画”の真相を暴け!タイムリミットは50分。さくら(ソニン)たちは真相究明を急ぐが…。

人質が企てていた計画とは?その裏で暗躍する人物…そして次に面を脱ぐ獣の正体は?事件はさらなる予想外の展開へ突き進む。

<ネタバレ>
武蔵は、人質の壬生(手塚とおる)の正体が、逃走中の衆議院議員・北見であることを暴く。1年前の病院占拠事件に関連した複数の罪に問われている北見は、整形手術で顔を変えていたのだ。その北見を恨む虎と猿は…元管理官・丹波(平山浩行)と息子・直樹だった。丹波は「北見のウソを暴け」と武蔵に要求。混乱する武蔵は、情報を求めて、あの男と再び対峙する…「お久しぶりです、武蔵刑事」…大和耕一(菊池風磨)…青鬼だ…!

写真提供:(C)日テレ

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

SNS

featured

text_newarticles

categories