乃木坂46・井上和が悶絶(もんぜつ) 一ノ瀬・小川・川﨑・冨里のロボットダンスに「もう最高!かわいくてしかたない」

2024.1.14 18:00

1月8日放送の『超・乃木坂スター誕生!』(毎週月曜深夜1時29分~)は“絶対に聴いてほしいボカロスペシャル”。ボカロが大好きな井上和(いのうえ・なぎ)が「難しいのは分かっているけれど」と提案したアイデアが実現したものだ。井上は歌唱メンバーの選出から衣装、演出といった完全プロデュースに挑戦。他のメンバーは、井上が厳選した3曲(ナユタン星人の『ダンスロボットダンス』、Neruの『ハウトゥー世界征服』、halyosyの『Blessing』)の歌唱に挑戦した。

ボカロ曲の解説から『ハウトゥー世界征服』の歌唱まで大活躍の井上が一番興奮していたのが、一ノ瀬美空・小川彩・川﨑桜・冨里奈央による『ダンスロボットダンス』だ。人選に迷いに迷ったと言う井上。「注意口調のセリフがあって、どうしてもこの4人にそのセリフを言ってほしい!」とたどり着いたメンバーなのだそうだ。

白衣に触角のように揺れるカチューシャといういでたちで登場した4人。「“理科の実験に行くよ”みたいな格好なので、科学反応のようなものを4人で起こせたらなと思います」と冨里が言うと全員がうなずき触角がゆらゆら。そんなことにさえ井上は「かわいくてしかたない」とテンションが上がっていた。

確かに4人の『ダンスロボットダンス』はかわいかった。ロボットを真似たダンスやいつもと違う歌声にファンからは「かわいすぎる」の声が続出。歌唱を見守る井上は例のセリフの個所で悶絶(もんぜつ)。後に「もう最高でした!」と語気を強め、ひな壇の岡本姫奈は川﨑が踊る様子に「かわいくて。私、川﨑しゃくら(桜)に出会うために生まれてきたのかと思った」とメロメロだ。

残り2曲も井上・菅原咲月・中西アルノによる『ハウトゥー世界征服』は鋭く格好良く、全員で歌った『Blessing』は力強く華やかとタイプが違い、見応え聴き応えがあった。

さらに奇跡が重なる。実はこれまで『超・乃木坂スター誕生!』で5期生11人が一緒に歌う機会はなかった。岡本が復帰したことで今回、全員で歌った『Blessing』が番組で初めて11人で歌う曲になったのだ。池田瑛紗は「みんなで歌うって幸せだなって思った」と言い、奥田いろはも「初めての曲がこんなにすてきな曲で、しかもなぎ(井上)が選んでくれて思い出に残りました」とコメント。ネットでも「今回、神回?」と声が上がった。

番組冒頭、ボカロスペシャルと聞いて「新年にやることですか?」「(番組を)私物化している」と笑っていた番組MC・オズワルドの2人も、最後には「めちゃくちゃいいね」と大絶賛。井上も『Blessing』の歌詞を引用して「ここに集えた奇跡にありがとう。11人で良かった」と目を潤ませる感動の回となった。

【乃木坂46】
AKB48公式ライバルとして結成したアイドルグループ。グループ名の「乃木坂」は、最終オーディション会場の「SME乃木坂ビル」に由来する。「46」の由来に関しては、秋元康氏の「AKB48より人数が少なくても負けないという意気込み」から。

「超・乃木坂スター誕生!」Blu-ray 2024年4月10日発売
【映像特典】
・メイキング映像(歌)
・メイキング映像(スキット)
・未公開映像
・スタジオのメンバーリアクション全部見せます!
・超・乃木坂スター誕生!5期生の挑戦 #1~#20

【封入特典】
フォトブックレット 40P
オリジナル生写真ランダム6種封入
詳しくはこちら

     

関連記事

注目記事

新着記事

バラエティの記事一覧

カテゴリ一覧