サバイバルオーディション番組・日プ コンセプト評価で5つのオリジナル楽曲を披露

2023.12.2 15:00

日本初国民プロデューサー(視聴者)がデビューメンバーを決めるサバイバルオーディション番組 『PRODUCE 101 JAPAN』の第3弾『PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS』の#9、35名によるコンセプト評価が11月30日より配信された。

第2回順位発表式によって選出された、35名の練習生のコンセプト評価。7名ずつのチームに分かれ、コンセプトの異なる5つのオリジナル楽曲でパフォーマンスを披露し、韓国にて会場投票を実施。日本の国民プロデューサーをはじめ、世界中の国と地域からグローバルプロデューサーが応援に駆けつけ、熱気あふれる声援に会場が包まれた。

〈楽曲紹介〉

■AtoZ

ときめく感情と君に対するすべて(AtoZ)が気になる女の子たちの話を、レトロなサウンドと弾けるトップラインで表現したPop Rockベースの楽曲。

『AtoZ』を披露したチーム・トキメッキー

■小悪魔(Baddie)

パワフルなベースループとグルーヴィーなドラムが調和するHIPHOPジャンルの曲。中毒性のあるメロディーとカリスマ性溢れるラップに加え、挑発的な歌詞が相まって拒むことのできないBaddieたちの魅力を表現。

『小悪魔(Baddie)』を披露したチーム・CLAW-me

■Popcorn

重く響くGLITCH HOP BASSとMOOMBAHTONのリズムが相まったHOUSEジャンルのダンス曲。女の子たちの希望に満ちた夢を広げ、活気よく羽ばたく姿をポップコーンの花が弾けて満開になる姿に例えて表現した曲。

『Popcorn』を披露したチーム・new F7avors

■TOXIC

弱い姿から抜け出し、誰をも魅了するほど中毒的(TOXIC)な自分に生まれ変わるという力強い抱負を歌詞に盛り込み、エナジェティックなメインテーマラインと重みのあるベースが特徴のHIPHOP曲。

『TOXIC』を披露したチーム・Charm Holic

■&ME

オーディション楽曲の特色に合わせたダイナミックなテンポ感と転換が魅力的で多様な構成の楽曲。You “&ME”から着眼したタイトルで、”You”は特定の誰かではなく、この曲を聴くすべての国民プロデューサーであり、いつ、どこでも国民プロデューサーと一緒にいたい女の子たちの気持ちを込めた歌詞をつづった曲。

『&ME』を披露したチーム・NALALA

会場投票の結果、『&ME』を披露したチーム・NALALAが1位を獲得。各チーム、メンバー再構成などの試練もあった中、切磋琢磨しながらチームワークを見せ、練習生ひとりひとりの個性と魅力がふんだんに詰まったステージ展開となった。

また、配信終了後の12月1日より、コンセプト評価5曲の音源配信をスタート。各種音楽配信サービスにて、順次配信中。

次週『第3回順位発表式』にて、35名の練習生のうち20位までが次のステージに進むことができる。

『PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS』
毎週木曜日21時よりLeminoにて独占無料配信中

©PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS

     

関連記事

注目記事

新着記事

音楽の記事一覧

カテゴリ一覧