日本ご当地ラーメン総選挙 1位の山形県『酒田ラーメン』ふわトロ極薄食感の秘密を探る

2023.11.26 11:45

櫻井翔が司会を務める日本テレビ系『1億3000万人のSHOWチャンネル』が25日に放送され、全国1位に輝いた『ご当地ラーメン』を紹介。試食したスタジオゲストのKAT-TUN・亀梨和也や俳優の菜々緒らを驚かせた。

番組では『全国1位のとこだけ行ってみた』と題し、『ご当地ラーメン』日本一のお店を紹介した。全国に100種類以上あるというご当地ラーメンの中から、ネット投票で選出された10組のラーメンが出場した『日本ご当地ラーメン総選挙』が今年10月に初開催。3位の山梨県『甲州地どりラーメン(5,951pt)』、2位の北海道『札幌ラーメン(6,517pt)』にかなりのポイント数で突き放し、1位に選ばれたのが山形県『酒田ラーメン(10,440pt)』。

■ご当地ラーメン全国1位…極薄ワンタンの『酒田ラーメン』とは

『酒田ラーメン』の極薄ワンタン発祥の店『満月』

その特徴は極薄皮のワンタンを使ったラーメン。酒田市では昭和後期からワンタンメンが流行し、中でも創業63年の老舗『満月 酒田本店』は薄皮ワンタン発祥の店といわれている。また酒田ラーメンは地元で別名『月系ラーメン』と呼ばれていて、店名に『月』とつく店が10店舗以上あり、『満月』から独立した弟子たちが店名に『月』をつけて『月系ラーメン』を広めてきたという。

今回、ご当地ラーメンで全国1位に輝いた『酒田ラーメン』の発祥とも言えるお店『満月』をANZEN漫才のみやぞんが取材。『満月』が他と店舗と大きく違うのは、“極薄新食感のワンタン”。圧延機を繰り返しかけて極限まで薄く引き伸ばされた生地で手が透けて見えるほど。一般的なワンタンの皮が厚さ約0.6㎜のところ、『満月』の皮は約0.1㎜と極薄。店主いわく「フワトロの極薄食感」がポイントだという。

そんなワンタンの皮に豚ミンチを包み、20秒ほど茹でるとより透き通った見た目で、みやぞんも「クリオネみたいですね」とその透明度に感動していた。そしてトビウオや煮干し、昆布、丸どりでとった脂の浮いていないあっさり系のダシに山形県産のしょうゆで仕上げたスープと食用シルクをいれた究極ののどごしにこだわった麺もこだわりのポイント。

“飲めるほどトロトロ食感”というワンタンを一口でほお張ったみやぞんは「今食べました?って感じですね」とコメント。「今まで食べたことのないワンタンです。僕には無理だ、伝えるの。なんかべろんって感じ、“スパペロッ”ていうべろべろ系ですね」と独得な表現で新食感の極薄ワンタンの味を伝えていた。。

スタジオでも『酒田ラーメン』を実食。まずはゲストの亀梨和也が極薄ワンタンを一口食べて「ベロスパッ!舌触りがすごく優しくて上品ですね」とみやぞんの食リポをいじりながらも絶賛。続いて菜々緒も大きく目を見開きながら「ん~ん、ベロスパッ!麺が“ちゅるん”ってしてるんですけど、ちゃんとコシもあって、ほんとに食べたことない感じ。すごい歯ごたえもあって、すっごくおいしいです」と全国1位の味を堪能した。そして櫻井も「スープもあっさりしてておいしい」と月系ラーメンに舌鼓をうった。

【TVer】最新話を無料配信中!
【Hulu】最新~過去話配信中!

写真提供:(C)日テレ

     

関連記事

注目記事

新着記事

バラエティの記事一覧

カテゴリ一覧