“見ても飽きない顔”L(キム・ミョンス) ファン700人に自腹でプレゼントも領収書見てビックリ…「そんなに!?」

2023.11.26 10:15

韓国を代表する6人組グループINFINITEのメンバーで、11月15日(水)日本ソロデビューを果たした、L(エル/キム・ミョンス)が16日(木)日本テレビ系情報番組『DayDay.』(月~金/あさ9時~)のアーティストがスペシャルライブを行う『boom boom!』コーナーに初の生出演。ファンを思うあまりにとった行動や、ハマっているものを明かした。さらに日本ソロデビュー曲『この場所で』をテレビ初披露。entaxでは出演直後、インタビューを行った。

Lが所属するダンスボーカルグループINFINITEは、2010年にデビューし、2011年には日本デビューを果たす。彼らのダンスは、“シンクロ率99.9パーセント”と言われ、多くのアーティストが行っている“シンクロダンスの元祖”と言われている。

Lはパフォーマンス以外でも端正な顔立ちで人々を魅了。最近では音楽活動のみならず、俳優活動にも力を入れ、演技力にも注目が集まっているエンターテイナー。2011年には日本のドラマ『ジウ 警視庁特殊犯捜査係』に出演し、物語の中心となる謎の殺人者を熱演し話題となった。韓国でも、甘いマスクを武器に俳優として活躍し、2019年には韓国のKBS演技大賞で3冠を受賞。歌手としても俳優としても進化し続けている。

Lがスタジオに登場すると「こんにちは。皆さんの永遠のボーイフレンドLです♡…ハハッ」とキャッチフレーズを披露すると照れ笑いを見せた。するとMCの南海キャンディーズ・山里亮太は「待って、自分で言って照れるところかわいくない?」とLが登場して10秒で、すでに心を打ち抜かれた様子。

11月15日(水)に日本でソロデビューを果たしたLは「緊張したんですけど、僕のファーストシングルだからうれしいです。アルバムできるように頑張ります!」とソロデビューの心境を語り、すべてのカメラにガッツポーズを向けるLのお茶目な一面が。

■スタッフが語る Lの魅力とは?

そして、番組では“Lの魅力”についてLの周りのスタッフにアンケートを実施。

Lの魅力①:とにかく美しすぎる!

Lの端正な顔立ちにスタッフは「見ても見ても飽きない顔」、「どの角度からでも良く撮れるかっこいい顔に対して気さくなギャップが素敵」と称賛。Lは「恥ずかしいですけどうれしいです」と色んな角度でポーズをとったり、キリっとした決め顔から甘い微笑みまで披露すると、MCの武田真一は「あ!最後の笑みが…」、山里は「今のはにかむの素敵だった~!」とLの表情に心を射抜かれた。Lは恥ずかしそうに「すいません」と両手を合わせ、そのかっこよさと謙虚な姿のギャップにスタジオメンバーは心をわしづかみにされ、一気に微笑ましい雰囲気に。

Lの魅力②:ファンサービスがすごすぎる!

Lの魅力は見た目だけではなく中身も美しく、「ファンサービスがすごすぎる!」とスタッフからコメントが。その理由は、今年、Lが所属しているINFINITEがデビュー記念日にカフェをオープンし、そこに集まったファン700人にドリンク1杯とポストカードを自腹でプレゼントしたと明かした。Lは「ファンの皆さんからいただいていたものがたくさんあったので、皆さんの応援に応えたいという気持ちがありました」とファンへ感謝の思いを込めた行動だと語った。山里は「優しすぎる、謙虚だしさぁ」と感心し、「さすがに700人分のお会計見た時、ごちそうするって言ったけど、“結構いったな~”みたいなことにならなかった?」と率直な質問。Lは笑いながら「本当にビックリしました!“そんな…そんなに!?”って」と領収書を見て驚いた時のことを再現し、笑いが起こった。

■ハマっている“ブーム”は日本のアニメ ファンミーティングで披露した楽曲は?

Lが今ハマっている“ブーム”を紹介する企画へ。日本テレビアナウンサーの黒田みゆがこのコーナー恒例のフリ「題して、Lさんのboom boom!」と“L”の文字を体で表しながら叫んだ。すると、Lも「boom boom?」と真似をして笑いのツボに入ったかのように大笑い。この黒田アナ恒例のフリがLにウケたことに黒田は「初めてです!」と喜びを隠しきれない笑顔を見せた。

今ハマっていることについてLは「日本のアニメが好きだから、アニメをたくさん見ています」と告白。続けて、「最近は『呪術廻戦』と『推しの子』を見ました」と目を輝かせながら話すと、山里から「『呪術廻戦』とか実写化した時、“五条悟”とかやってほしいぐらい」と懇願。するとLは「“五条”さん、あ~“五条”さんすごいですよねやっぱり!」とアニメ好きが伝わってくる熱のこもったトーンで答えた。

さらに、アニメ『推しの子』のオープニング主題歌・YOASOBIの『アイドル』が好きで、自身のファンミーティングで披露したと明かしたLは、サビの「無敵のアイドル♪」と振り付けをしながら披露。すると山里が「今の一瞬だけで絶対うまいなってわかりました」と称賛し、Lは「恥ずかし~」と頬に両手を当てチャーミングなリアクション。山里は胸に手を当て、「どんだけ癒やし続けるの人のこと!心わしづかむじゃん!」とLのとりこになり、笑いに包まれた。

■日本ソロデビュー曲『この場所で』テレビ初披露

今回Lが披露した楽曲は、11月15日(木)にリリースした日本ソロデビュー曲『この場所で』。INFINITEでは見られなかったLの切ないながらも落ち着いたボイスが曲の完成度を高め、秋の夜の感性を彩る一曲となっている。

Lが歌唱スタンバイを終え、山里が曲フリをしていると、歌唱直前にもかかわらず、山里や武田らが座る方向を向いて笑顔で一礼する姿をentax取材班は目撃。Lの人柄の良さが垣間見えた瞬間に、思わず山里も微笑み返した。

披露を終えると、心に響く歌声にスタジオは拍手に包まれた。Lは披露した感想について「日本で初めて歌ってとても緊張したんですけど、皆さんに温かく受け止めていただけてとても良かったです」と笑顔で語った。

山里はLが楽曲披露前に一礼したことについて「始まる直前にこっちを見てぺこってお辞儀をしてくれて。あのあいさつで我々…すごく良かったです」とまたもやLに心をつかまれたと感激。木曜メンバーでモデルの亜希は「(Lさんが)振り返った時の顔は一生忘れません」と心に刺さった様子。さらに武田は「日本語の言葉の響きをすごく大切に歌ってらっしゃることが伝わって来て、うれしかったです」と称賛すると、Lは「日本の朝ライブは初めてだったから緊張しました。でもこの場所で歌えて本当にうれしいです」と感謝を伝えた。

◆番組出演直後、entaxではLに独自インタビュー

――初出演となった『DayDay.』はいかがでしたか?

本当におもしろい時間でした。緊張したんですけど、うれしかったです。ありがとうございます、大事な時間でした。

――日本ソロデビューの心境を教えてください。

実はとても信じられなくて緊張しました。ですが、いずれにしてもこんなに素敵な場所を用意していただいて皆さまに良い姿をお見せすることができて良かったです。次に期待してください! 

――ソロデビュー曲『この場所で』の聴きどころは?

まず歌が、全体的に聴いていただくと一度聴いたら抜け出せない、最後まで聴かないといけない、そんな歌な気がします。そして、僕が一生懸命歌う姿もよく見てくだされば、それも良いポイントではないかと思います!

なんかこう、つながるそのメロディー。こういう歌詞がすごく良いと思います。

――ファンへのメッセージと来年に向けての意気込みをお願いします。

ファーストシングル(『moments』で)デビューしました。緊張してたんですけど、応援してくれていつもありがとうございます。以上、皆さんの永遠のボーイフレンドLでした♡ありがとう!

【リリース情報】
デビューシングル『moments』発売中
収録楽曲:『明日に向かって』/『この場所で』

【イベント情報】
ファンミーティング『PRISM』
12月25日(月)大阪開催

写真:©entax

     

関連記事

注目記事

新着記事

インタビューの記事一覧

カテゴリ一覧