平祐奈 独自インタビュー 「家のおでんにはスペアリブが入ってます」

2023.3.24 12:00

BS松竹東急(BS260ch・全国無料放送)にて毎週月曜放送のオリジナルドラマ『半熟ファミリア』(4月3日~)で主演を務める俳優の平祐奈に、entax取材班が単独インタビューを実施した。本作はチグハグな家族のクスっと笑える日常と、温かみのある手料理が織りなすハートフルグルメドラマ。平が演じる主人公の筆谷あかりは食べることが大好きなライターで、施設に預けられていた姪(めい)・楓子(かえでこ)と、父親を亡くし行くあてのなかった甥(おい)・朔太郎(さくたろう)の母親代わりでもある。

昨年公開された映画『恋は光』(2022年)では「第44回ヨコハマ映画祭」で最優秀新人賞を受賞するなど、今最も注目を集める俳優である平に役の魅力や思い出の料理などを語ってもらった。

主人公・筆谷あかり(平祐奈) ©BS松竹東急/日テレ アックスオン

■チグハグ家族としての生活

—―今回のドラマの見どころを教えてください。

本当の家族ではないんですけど、それぞれが過去のトラウマを抱えながらも同じ屋根の下でおいしいお料理を通して、熟成されていくというか、それぞれが成長していくドラマです。ストーリーが素敵なので、クスッと笑えてほっこりしていただけると思います。

—―あかり(役柄)の魅力的な所は?

あかりはすごい明るく大雑把でワイルドな人で、一見能天気な人に見えるんですけど、朔太郎と楓子のことをすごく大切に思っているんです。何も考えていないように見えたり、あんまり表には出さないんですけど実はちゃんと2人のことを考えてたりとか、すごく繊細な部分もある人なので、そういったところが魅力的な人だなって思います。

――あかりの職業でもあるライターについての印象は?

インタビューしていただく機会も多いので、ライターさんたちが私たちの言葉を綺麗につづってくださったりとか、あとは雑誌の記事を読む時もそれも読んで「あ、そうなんだ」って初めて知ることだったり、そのライターさんが書くことによって共感度や感じることも変わってくると思うので、私は絶対できないけど、すごいご職業だなって思います。

©entax

■タイトなスケジュールの中でもみんなでご飯を食べていた

――撮影現場で苦労したこと・楽しかったことを教えてください。

すごくタイトスケジュールで大体1日1話撮らないといけないペースでした。そんな中でもセリフ量はみんなそれぞれ多いし、お料理作ったり、段取りとかやることも多いので、基本大変でみんなでやっているんだけど、もう大変なんて言ってられなかったです。どんどん撮っていかなきゃいけないから、みんなで本当に一つのチームになって何とか楽しく乗り越えようって感じで。でも現場は笑いがいっぱい起きていたし、あとはおいしいご飯も毎日いただけるし、団結感もあって楽しかったです! 基本夕食はなく、その毎回登場するご飯をみんなでいただくっていうのがルーティンになっていました。

――撮影中に出てきた料理の中で実際に自分で作ったものは?

西園寺(千綿勇平)が作ってくれるレシピなのですが、ジャガイモとイカの塩辛を合わせてマヨネーズかけた料理。台本を見た時に「え、イカの塩辛とじゃがいもって合うの!?」って思ったんですけど、ちょうど家にイカの塩辛とジャガイモが残っていて料理したらめちゃくちゃ美味しかったです! 撮影より先に予習として食べました(笑)あかりは酒豪の役なんですけど、私はお酒が飲めないので、お酒飲める人だったら「絶対これお酒に合う」って思うんだろうなっていうおいしさでした。

■おでんにスペアリブが入っていることが当たり前!?

――思い出の料理について教えてください。

私は6人兄弟なので、結構家族で集まって食べたりするのですが、母の味といえばおでんです。おでんは出汁が好きなので、味が染みているのが好きです。私は関西出身なんですけど、両親は鹿児島の方の島出身なので、おでんの具材が変わっていてスペアリブが入っているんです! それを言うと珍しいですねって言われるんですが、和風でとても美味しいんです!

単独インタビュー②へと続く

『半熟ファミリア』は2023年4月3日から毎週月曜日よる10時30分放送
BS松竹東急(BS260ch/全国無料放送) ※一部、変更の場合あり。

【半熟ファミリア】
ライター業を営むあかりは、施設に預けられていた姉の子供の楓子(かえでこ)と、父親は違うが同じく姉の子供である朔太郎(さくたろう)の3人で暮らすことに。暗い過去はあれど、3人は同じ屋根の下で熟成をテーマにした手料理で食卓を囲み、家族としての絆も熟成させていく。
チグハグな家族のクスっと笑える日常と温かみのある手料理が織りなすハートフルグルメドラマ!

【平祐奈 Profile】
1998年11月12日生まれ。兵庫県出身。俳優。趣味は神社巡りや家庭菜園。
映画『奇跡』(2011年)にてデビューし、近年ではドラマ『まだ結婚できない男』(フジテレビ系/2019年10月期)、映画『10万分の1』(2020年)などの話題作に出演し、映画『恋は光』(2022 年)では「第44回ヨコハマ映画祭」で最優秀新人賞を受賞した。

公式サイト :https://www.shochiku-tokyu.co.jp/hanjukufamilia/
公式Twitter: @HanjukuOfficial
公式YouTube:BS松竹東急 | BS260ch

写真提供:©BS松竹東急/日テレ アックスオン
     ©entax

entax 1周年記念プレゼントバナー

関連記事

新着記事

インタビューの記事一覧