結成1周年のBE:FIRSTが1stアルバムをリリース!メンバーが明かしたこだわりとは?

2022.8.31 19:30

【ZIP!×entax】

BE:FIRSTが結成1周年を迎え、ファーストアルバム『BE:1(ビーワン)』をリリース。8月31日、日本テレビ系朝の情報番組『ZIP!』の取材で、アルバムへのこだわりを明かした。

リード曲『Scream』は“世の中からの解放”をテーマにしたパワフルな楽曲。そのイチオシポイントを聞かれると、RYUHEIは「RYOKIくんの“I wanna hear ya scream”のところ。イチオシです、僕の中では“どインパクト”」と答えた。RYOKIは「(そのシーンのインパクトが強すぎて)うちの母親に夢に出てきたって言われました(笑)。自分の息子が夢に出てきて怖かったって言われて(笑)」と笑いを誘った。

さらにバラード曲『Grateful Pain』では、メンバー全員で作詞にも挑戦。作詞をする上で、最も苦労したところの質問に、MANATOは「本番のレコーディングの途中にその場で歌詞が決まって、そのままレコーディングしてっていうことがありましたね」と答えた。また、「(一年前は)1人だった道が、今7人の道になって、周りのスタッフさんとかいろんな人が足跡をつけてくれるようになった」とLEOがこの1年間の思いを語ると、MANATOが「なるほどね。今までと同じ道でもあるし、7人同じ道でもあるし」と共感。その場の会話から歌詞が決まるなど、ギリギリまで歌詞作りにはこだわったという。

最後に、LEOは「しっくりきた言葉が、今のリリックになっているっていう。やっぱり自分達でリリックを書くのは楽しいですね」と締めくくった。

プレデビュー曲『Shining One』は、今回のアルバムで再収録。最年少メンバーRYUHEIは、プレデビュー当時は裏声でしか出せなかったパートを地声でとり直せたのがうれしかったという。アルバム『BE:1』は8月31日発売。9月からは全国ツアーで全17都市25公演をまわる。

関連記事

新着記事

インタビューの記事一覧