三宅健 ファンと一体になったライブ完走! 「寝ても覚めてもみんなのことが大好きです」

2024.6.24 17:45

三宅健が22日(土)と23日(日)に単独コンサート『2024 Live Performance The otherside : Another me Presented by KEN MIYAKE』を有明アリーナにて計2公演開催した。ライブでは8月から行われるツアーがサプライズ発表されるなど最後までファンを楽しませた。本記事では、初回公演(22日17:30公演)のレポートをお届け。

開演前から観客の期待が大きく膨らみ会場が熱気に包まれる中、開演予定時間まであと約3分、満員の客席からは拍手と“健くん”コールが。ボリュームとテンポが上がっていくBGMと観客の拍手に合わせ、ブルーのペンライトが揺れる。暗転し濃いブルーに染まるステージ。ステージ左右に設置されたスクリーンに、水中の気泡、夜空、草の中、水面に落ちる一滴のしずく、山々の風景の映像が映し出される。それに続き目の前のステージに宇宙が現れ、無数の星の瞬きが1か所に集まったようなライティングの演出。エネルギーのように発光する光の中心に三宅健の姿が。

カラフルなレーザービームの中、オープニングを飾ったのは『DROP』。最初のサビで三宅を覆っていた円形の紗幕(しゃまく)が落とされると大歓声が起こった。4人の女性ダンサーとともに『Ready To Dance』、『Unzari』。滑らかでスタイリッシュな三宅のダンスパフォーマンス、緩急ある歌声が観客を魅了していく。白いブラウスの後ろと前に大きなピンクのリボンをあしらった最初のステージコスチューム。三宅が身体を翻すたびに、そのリボンが三宅を追う波のように揺れた。

最初のMCで「いらっしゃいませ!」と笑顔であいさつ。観客の歓声を聞くために即座に片方のイヤモニを外す。観客の反応を見ながら「楽しんでますか!」「そんな声?もっと出るでしょ」とまるで会話をするように、会場全体のテンションをあげていく。その後、ステージの演出のためにと「1回ペンライトを消してみましょうか」と自ら丁寧にアナウンス。観客と一緒に自らが目指すステージを作り上げるための真摯な姿がそこにはあった。

暗闇に沈んだ有明アリーナ。同じ事務所に所属し、俳優としても活躍する大東立樹が登場し、三宅と2人で優雅なダンスを披露。途中、ダンスで会話しているようなシーンもあり、その美しさに会場は静まり返って注目していた。このダンスに続いた『BOY』では、照明とスモークで演出しながら三宅は切ない歌を響かせた。

銀色のマネキンを使った演出が印象的だった『mydoll』、ストレートなボーカルアプローチでロマンチックなメロディをしっかり聴かせた『ドラマチック』と続いた後、ロック色の強い『ホーンテッド』で一転、切れ味のあるボーカルアプローチで観客をヒートアップさせた。女性ダンサー4人と、ダイナミックなダンスパフォーマンスを見せたコーナーで、観客のテンションはマックスに。ファンキーな楽曲をバックに、多彩なジャンルのダンスを取り入れた三宅のダンス。

三宅のMCの後、「未来のスターになるかもしれない」という言葉で3月に行われたTOBE合同ライブ『to HEROes 〜TOBE 1st Super Live〜』にてお披露目されたwink firstが登場すると、観客からは「かわいい!」の大歓声。5人で『CANDY』を歌い踊る中、途中から三宅が参加し6人でのパフォーマンスへ。このコラボレーションに客席からは大歓声が起こった。

大東やTRAINEEたちがたくさん出てきた中、三宅は次の曲『Iʼm good』の振り付けを観客にレクチャー。『Iʼm good』で観客と一緒に踊った後は、三宅が「盛り上がっていくよ!」と叫び『ジェットコースター』へ。アリーナをぐるりと囲むように作られたランウェイ。その方々に大東やTRAINEEのメンバーが散り、ダンスと笑顔で会場を一体にしていく。

雰囲気が一転し、スタイリッシュなステージングで『iDOLING』。三宅がラップから中高音に滑らかに移行する、抜群のリズム感と表現力でボーカルスキルを見せる。アリーナの中心のランウェイでパフォーマンスを繰り広げた際には、三宅とダンサーを祝福するように、羽根のような紙吹雪がゆっくりと舞った。『100CANDLE』では移動ステージに乗り、アリーナ上空を自在に飛んでいく。歌詞の<もっと上のもっと上>というフレーズに合わせて、上方の客席に顔を向け、指をさし笑顔を見せる。

「僕とファンのみんながこうあれたらいいなと思いを込めて作られた楽曲です。聴いてください」という言葉を受け、本編最後に歌唱されたのは『星に願いを』。レゲエのフレーバーを取り入れたイントロが始まると、自然に客席から拍手が起こる。ストレートな歌声で、ひとことひとことを丁寧に発音して歌う三宅。ステージのスクリーンには宇宙を思わせる星空、客席にはたくさんのペンライトが揺れる。エンディングでは、天井から銀テープが降り注ぎ、本当に星が降っているようだった。出演者が全員出てメンバー紹介をした後「私が三宅健でございました。ありがとうございました」とあいさつし、三宅はステージを後にした。

アンコールでは、『Unzari』のイントロとともにライブTシャツに着替えた三宅が登場。2階席の最前列をスライドするように移動するトロッコに乗り、2階席をぐるりと一周していく。トロッコに乗っている間、上の方の客席はもちろん、アリーナ席まで手を振る。本編で見せたスタイリッシュな『DROP』とは異なり、本人もリズムに乗って自由に飛び跳ねるようにランウェイを走っていく。『ホーンテッド』も真っ赤なライティングはそのままだが、Tシャツの三宅健がハンドマイクで歌い、リズムに合わせて首を左右に振る。「みんなと会えて最高でした。寝ても覚めてもみんなのことが大好きです。また会いましょう。気を付けて帰ってね」と、最後はカメラ目線でピースし、ちょっといたずらっぽい表情で投げキッスをして観客の悲鳴と共にライブを締めくくった。

最終公演(23日(日)17:30)では、8月からライブツアー『2024 Live Performance Another me : The otherside Presented by KEN MIYAKE』が開催されることが発表された。SNSでは「地方にも来てくれるのうれしい!」「タイトルが今回の有明のタイトルと反転してる!伏線だったのか!」などと、有明でのライブタイトル『2024 Live Performance The otherside : Another me Presented by KEN MIYAKE』とライブツアーの『2024 Live Performance Another me : The otherside Presented by KEN MIYAKE』の一部分が入れ替わっていることにも注目した投稿がされていた。

本公演のアーカイブ映像は【Prime Video】にて8月16日(金)の19時より、190以上の国と地域で世界配信されることが決定している。

【ライブ情報】
8月18日(日) 北海道/札幌文化芸術劇場hitaru
8月31日(土) 宮城/東京エレクトロンホール宮城(宮城県⺠会館)
9月16日(月・祝) 広島/上野学園ホール
9月21日(土)22日(日・祝) 愛知/御園座
10月1日(火)2日(水) 大阪/オリックス劇場
10月26日(土)27日(日)  東京/東京体育館

公式HPはこちらから

©︎TOBE Co., Ltd.

クオカードプレゼントキャンペーン2024

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

SNS

featured

text_newarticles

categories