『世界一受けたい』“全てのピラミッドの原点”をエジプト学の世界最高権威が案内

2024.3.26 11:05

古今東西の名物講師が登場し自ら“使える学問”を講義する『世界一受けたい授業 3時間拡大スペシャル』が23日に放送された。『永年の謎が解けた!現地大調査!古代エジプトの謎』という講義では、NESMITH(EXILE)がエジプトに赴き、日本のテレビ初潜入という歴史的建造物の数々を訪れた。

NESMITHはミイラやピラミッドの作り方の謎に迫る道中で、現地の食文化も調査。エジプトを中心に栽培されるモロヘイヤのスープやそら豆を使ったコロッケを堪能した。モロヘイヤのスープは、ビタミンやミネラルが豊富でクレオパトラも愛したのだとか。NESMITHは「すごいガーリックの香りが。めちゃくちゃうまいですねこれ。でも香りほどそんなにニンニクもガツンとくる感じはなく。これ日本人の口にも合いますね」と食レポした。

翌日NESMITHは、世界最古のピラミッドである『階段ピラミッド』を訪問。ここではエジプト学の最高位権威にして世界的に有名な専門家が、NESMITHたちを案内した。専門家いわく階段ピラミッドはエジプトにある全てのピラミッドの原点なのだそうで、埋葬されているジェセル王の彫像が北極星の方向を向いて保管されているほか、当時の王が自らの力を示すために使った祭壇などが残されていた。

階段ピラミッドの内部に足を踏み入れたNESMITHは、全長6キロに及ぶという地下迷宮に驚がく。王の姿を描いた壁画や、青い陶器のタイルなどで彩られた通路はいまだその全容は明らかになっていないという。NESMITHは高さ3メートルもある石の棺や、装飾品などを身につけたミイラを目にし、何度もあっけに取られたような表情を浮かべていた。

最後に専門家は、レギュラー放送最終回を迎えた番組に向けて「エジプトの人々はまず太陽を観察し学びました。太陽は昇り、旅をして、やがて沈み、また旅をしてまた昇ってきます。人生と太陽は一緒です、この番組のように、よく観察して学ぶことをやめずに生き続けていくことが大事だと私は信じています」とメッセージを送った。

【TVer】最新話を無料配信中!

写真提供:(C)日テレ

クオカードプレゼントキャンペーン2024

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

SNS