THE RAMPAGE 年下組の長谷川慎がメイクに関するグループのあるあるにクレーム! ルール変更は多数決で…結果は?

2024.1.20 17:30

ダンス&ボーカルグループのTHE RAMPAGEが1月19日深夜放送の『バズリズム02』に出演。『THE RAMPAGEあるある2024』と題して、グループが所属するLDHの掟(おきて)やグループの細かいルールが一挙に大公開され、メンバーの長谷川慎(25)があるルールにクレームを入れた。

メンバーが『先輩と挨拶(あいさつ)する時はハイタッチを交える』などのLDHあるあるを紹介するなか、長谷川が明かしたのは『メイクの順番は年下から』というグループのあるあるを明かした。グループの中では年下組に属する長谷川によるとTHE RAMPAGEは16人組の大所帯ということもあり、「めちゃめちゃ早い時、たまに3時入りとかで一番遅い人が6時入り」とメイクに入る時間が大きく違うこともあるのだとか。長谷川は「毎回年下組が一番早くて、ちょっとキツい…」と続け、このルールにクレームをいれた。

この発言を受けて、リーダーの陣(29)は「マネジャーが変わって、なぜかこのスタイルになった。それまでは(入りが)最初の日もあれば逆もあればと、交互に」と経緯を語ったうえで、「我々(年上組)からすると“きっと何か理由があるんだろう”と思って黙ってました」とルールを受け入れていたことを明かした。

年下組の後藤拓磨(25)は「耐えすぎて我慢の限界。楽屋でも“今日早かったね〜”と(年上組に)ジャブを打っている」というが、今のところ目立った効果は無いようで、ライブ前の舞台裏を撮影したVTRでは、開演約5時間前にメイクを受ける年下組の眠たそうな表情が記録されていた。

一連の流れを受けて、番組MCのバカリズムが「多数決をとりましょう」とルール変更を行うべきか、メンバーに目を閉じさせて採決。ところが『ルールを変えるべき』だと手を挙げたのは、長谷川、後藤のほか龍(25)、鈴木昴秀(25)、岩谷翔吾(26)のわずか5名。この結果にバカリズムは「はい、これは変わりません」とピシャリ。「バーンって(手が)挙がるかと思ったのに、これは頼りない」とコメントし、メンバーの笑いを誘った。

写真提供:(C)日テレ

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

SNS

featured

text_newarticles

categories