池崎家の新たな保護猫『佐吉』ついにケージの外へ…人見知りな性格を先住猫『雷神』が優しくフォロー

2023.11.27 12:15

11月25日放送の『嗚呼!!みんなの動物園』では、“猫おじさん”ことお笑い芸人のサンシャイン池崎が“6代目”として迎え入れた保護猫『佐吉』(オス)が、初めてケージの外に足を踏み出し、先住猫と触れ合った。

臆病で人見知りな性格の『佐吉』を預かってから9日、初日はトイレの中で固まったまま動かなかったが、徐々に池崎にも慣れてきたのか「シャー」と鳴き声を発するなど余裕が出てきた『佐吉』。

先住猫の『雷神(雷ちゃん)』、『風神(風ちゃん)』が『佐吉』のケージが置かれた部屋に近づくと、しきりに呼びかけることもあるという。池崎は「そろそろ触れ合ってほしいな」とケージを先住猫のいるリビングに移動させた。

『佐吉』はあいかわらずケージでじっとしていたが、『雷神』がケージに近づくと呼びかけるように「にやぁ~」と鳴き声をあげた。専門家は、遠くから様子を伺う『雷神』に対してもっと近くに来てほしいというアピールなのではと、この行動を分析した。

池崎が仕事で外出すると、『雷神』が『佐吉』のもとへ。猫たちのふれあいを映像で見届けた池崎は「佐吉うれしそうっすね」と目を細めた。先住猫たちともっと触れ合おうとする『佐吉』の様子に、池崎はついにケージを開けることを決意する。しかし『佐吉』はすぐにケージの外に出ようとはせず、じっとしたまま。それでもケージを開けて1時間、池崎が目を離した隙に、ついに『佐吉』はケージの外へ。そばに置いてあった爪研ぎで気持ちを落ち着かせた。

池崎が就寝すると、『佐吉』はあたりを見回しながら部屋の探検に出発。これは安全な場所などをチェックするための行動で、先住猫はそんな『佐吉』の様子をじっと見つめる。初めて直接触れ合う、『佐吉』と『雷神』。けんかをするでもなく、尻尾を立ててお互いの匂いを嗅ぎ、軽くあいさつ。『佐吉』は先輩と遊びたいのか、『雷神』のあとを追いかけ、『雷神』も『佐吉』とじゃれ合う素振りを見せた。池崎は「雷のこと好きっぽいですね」と観察しつつ、「初日にしては仲良いっすね」と猫たちの交流に安堵(あんど)していた。

その後も部屋の探検をしながら、『雷神』と交流を深めた『佐吉』。ついには『雷神』に対してお腹を見せるようにゴロンと寝転び、ウェルカムな姿勢を見せた。気まぐれなもう1匹の先住猫『風神』ともけんかをせず、終始穏やかな様子だった。

【TVer】最新話を無料配信中!
【Hulu】最新~過去話配信中!

写真提供:(C)日テレ

     

関連記事

注目記事

新着記事

バラエティの記事一覧

カテゴリ一覧