関口メンディーが会心の推理!横浜で大自然を感じられる“緑の絶景”豪邸、家主の正体は?

2023.9.21 14:30

GENERATIONS from EXILE TRIBEの関口メンディーとお笑いトリオ・ジャングルポケットの太田博久とおたけが、日本テレビで9月16日に放送された情報番組『ゼロイチ』に出演。『豪邸家主捜査』で横浜市にある『土地込み1億 3000 万円!横浜で大自然を感じられる緑の絶景豪邸』を訪れ、家主の正体を推理した。

吹き抜けから太陽が差し込む開放的な玄関ホールの正面には、窓全面に“緑”が見える。この“緑”は家を建てる前からあった植物で、“緑”を生かすために大きな窓ガラスを作ったという。その大きな窓ガラスに使った金額はなんと300万円。金額を聞いたおたけは「こだわってるな〜」とあぜんとなった。正面に見える“緑”は梅の木で、春に花が咲き夏には実をつけるため、四季を感じることができるという。

さらに、約22帖のリビングダイニングも開放感抜群で、外の“緑”を感じられるよう部屋の両サイドに大きな窓がある。外には桜も植えてあり、ベランダには花見スペースも設けられている。

続いて、浴室横の水回りを捜査。ここにも家主の人物像に繋がる手がかりが。この大きなシンクは、汚れた靴や雑巾など洗面台で洗えないもの専用の大型シンク。このシンクは、汚れたユニフォームを洗うためのものだという。さらに洗面台は縁を丸くすることで汚れが溜まりにくくする工夫も施している。

メンディーは「職業としてやってないと、これ設置しなくないですか。子どもがやってるって言っても、大きくなったら使うかどうかわからない」と子どもではなく、家主が何かしらのスポーツをしていると推理。

続いて1階を捜査する3人。床材に防音性・防湿性が高いコルクを使用。この床材にはクッション性もあり、足が痛くなりにくいメリットもあるのだという。1階の子供部屋はもともと家主の作業部屋で、大きくなった子どものために改築したもの。もちろん窓からは桜や紅葉の木が見えるようになっている。

スター・ウォーズの大ファンだという家主が、この家に取り入れたものがピンクの間接照明。ライトセーバーを意識して作られており、向きを変えられるだけではなく、実際に取り外すことも可能なんだという。

キッチンには家主が作ったと思われるリゾットがあり、許可をいただきリゾットを味見することに。しかし、突然おたけが「バターとチーズ足した方がいい」と家主の料理を勝手にアレンジ。家主のリゾットにおたけが手を加えた特別なリゾットが完成。そのお味は…「うめンディー!」とメンディは大絶賛。おたけは「俺、料理だいぶ強くなりました」と鼻高々。

■果たしてこの豪邸の家主とは?

メンディーは家主の職業を『建築士』、太田は『いろんな素材を集めている素材屋さん』、おたけは『飲食関係』と予想。

家主の正体は、メンディーの予想通り、建材などの開発も行う一級建築士の鈴木さん。見事な推理をしたメンディーは「感極メンディー!」と大絶叫。2人の息子がサッカーをしており、大きなシンクもそのためのものだった。そんな豪邸の壁は、鈴木さんが開発したオリジナルの建材を使ったもので、音を吸音するという。メンディーは「叫びたい放題だったんだ。なんとかメンディー言いたい放題だったんだ」と感心していた。

『ゼロイチ』毎週土曜日10時30分から日本テレビにて放送

【TVer】最新話を無料配信中!
【Hulu】最新〜過去話配信中!

写真提供:(C)日テレ

     

関連記事

注目記事

新着記事

バラエティの記事一覧

カテゴリ一覧