坂口健太郎主演『Dr.チョコレート』アニメネタが続々登場の回に大反響「小ネタが過ぎる」

2023.6.5 19:00

日本テレビ系土曜ドラマ『Dr.チョコレート』の第7話が6月3日に放送された。『Dr.チョコレート』は10歳の天才少女“Dr.チョコレート”こと唯(白山乃愛)が、謎多きTeacherの野田(坂口健太郎)とコンビを組んで、ワケありの患者を救うノンストップ・ドクター・エンターテインメント。

7話では、いつもアニメからのセリフを発することの多いギルベルト(葵わかな)の話が中心に描かれたことで、「オタク用語多発でわろてまう」「ぼっちざろっくとかヴァイエヴァとか宇宙よりも遠い場所とか 小ネタが過ぎるwww」「アニメのセリフが全てわかってしまうのはアニオタだからだろか」など、アニメに関する反応が多かったようだ。

今回、闇のオペの依頼してきたのは、ショッピングサイト『DOUZO』を運営する皆川誠二(片桐仁)。食道静脈瘤がいつ破裂してもおかしくない危険な状態だったが、忙しい皆川は手術の日時を自分のタイミングで決めたいと言う。

一方、カンパニーの中で孤立し始めていたギルベルトは、闇サイトで見た『め組』の思想に関心を抱き、サイトを紹介してくれた人物に会う。
しかし、待ち合わせ場所にやって来たその人物は、2年前の爆破事件の実行犯、沢入(福山翔大)だった。唯の両親を殺した犯人だとギルベルトは気づくが、沢入に言葉巧みに言いくるめられ、さらにアニメのプリキュアの話題が出たことで心を許してしまう。そんなギルベルトを沢入は再び誘い出し、今度は唯の居場所をうまく聞きだすのだった。

ギルベルトは『め組』の沢入に心を許してしまう

この展開の中で、ギルベルトというあだ名の由来が詳細に語られたこともあり、「ギルベルト、やっぱりヴァイオレット・エヴァーガーデンが元ネタだった!」との反応がある一方、沢入に利用されてしまったことには「ギルベルトさん、早く気づいて~」「ちょろい、ちょろすぎるよ…」「こんなんじゃ唯ちゃんに危機迫ってしまうよ…」など心配の声が。

その頃、唯は今度の依頼人である皆川の会社『DOUZO』を社会科見学中だった。そのさなか皆川の病状が悪化し、急遽メンバーを呼んでオペを開始することに。
唯の居場所を知った沢入は『DOUZO』に爆弾を仕掛ける。不安になり沢入を尾行したギルベルトが爆弾を発見したのだ。連絡をうけた野田は、奥泉(西野七瀬)と共に急いで駆け付け、スイッチを押す寸前のところで、起爆装置をとりあげる。

依頼人・皆川の病状が悪化して…

オペはなんとか成功し、メンバーに謝罪をするギルベルトに野田は「迷惑をかけても、その分誰かの迷惑を許してあげればいい。家族や仲間ならなおさらです」と言い聞かす。そして全員が初めてギルベルトに本名を公開するのだった。自分が孤独ではないと気づいたギルベルトは大号泣して…。

ギルベルトがメンバーと打ち解けていくこの展開に「本当の仲間になれてよかったね」「Teacherがギルベルトに掛けた言葉は名言すぎたな」などの声が。またそれぞれの本名が明らかになったことについては「苗字の頭文字とコードネームの頭文字が一緒なのね」という法則に気づく人も。メンバーの中では出川の本名について「出川さんの本名まさかのデイビッド幸太郎でしたね笑」「出川さんの本名って…!ハーフ?」など一番反響が大きかったようだ。

しかし最後になって驚きの展開が…!カンパニーが帰った後の『DOUZO』で爆破テロが起きたのだ。その犠牲者の中に、野田の研修医時代の同期で行方がわからなかった『め組』のメンバー、堤(佐野弘樹)の姿があると海王病院の北澤(眞島秀和)から連絡が入ったところで7話は終わった。

第7話で報酬として登場したチョコレートは、「食」の世界を通してアルマーニのライフスタイルの美学を表現する『アルマーニ / ドルチ』のキューブ型チョコレート『プラリネ』だった。

お笑い(前田旺志郎)はオペの参加を拒否する

第8話では、ついに真の黒幕が動き出す…!?
野田は、『DOUZO』の爆発に巻き込まれて海王病院に搬送された重症患者の中に『め組』の堤がいると知って焦燥する。唯の両親・寺島夫妻の殺害に関与している可能性のある堤に死なれては、事件の真相がまた遠ざかってしまう…。自ら依頼人となってカンパニーに堤のオペを依頼するが、誰にも知られずにオペができる場所は…カンパニーのアジトしかない。

一方、奥泉は、『め組』の捜査に動き出した刑事・与田(平子祐希)から協力を求められる。奥泉が見返りを要求すると、与田は、『め組』の実行犯・沢入を釈放させた真の黒幕の名前を明かして…。

堤のオペをアジトで行うことに難色を示すカンパニーのメンバー達。2年前の唯の両親のように自分たちの命も狙われかねないからだ。うなぎ(斉藤由貴)の説得もあって話はまとまるものの、お笑い(前田旺志郎)だけはオペの参加をかたくなに拒否。その訳は、6年前、愛する彼女と共に巻き込まれた、ある事件が関係していて…。

野田は残高(小澤征悦)と出川(古川雄大)を連れて海王病院に潜入。病床の堤は、爆発により金属片が頸動脈に刺さった状態で、難しいオペになると覚悟する3人は、周囲の目をかいくぐって堤をアジトへと運び出す。するとその動きに気付いた沢入らが、“め様”の指示により、堤の口を封じるためにオペの阻止を画策。『め組』の凶弾が唯達に迫る…!

そんな中、カンパニーのアジトに奥泉がやって来て、「人を殺したことがある」という野田の言葉の真意を唯に尋ねる。「Dr.チョコレートの記事は書かないから」と約束する奥泉に、唯は…。
明らかになる野田の過去とDr.チョコレートの原点!そして訪れるカンパニーの崩壊!
逃れられない運命が2人を引き裂く、悲しみの第8話!!

土曜ドラマ『Dr.チョコレート』第8話は、6月10日(土)よる10時から日本テレビ系にて放送。

【TVer】最新話を無料配信中!
【Hulu】最新話を配信中!

写真提供:(C)日テレ

     

関連記事

注目記事

新着記事

ドラマの記事一覧

カテゴリ一覧