“朝ドラ”俳優・葵揚「声をかけていただくことが増えて」 さらなる知名度UPを目指し、大食いチャレンジ

2023.4.24 20:00

NHKの朝ドラ『舞いあがれ!』に出演した話題の俳優・葵揚が24日放送の『有吉ゼミ』の人気コーナー『チャレンジグルメ』に参戦。知名度アップを目指し、母親からの「醜い食べ方はやめてください」という教えを守りながら見事な食べっぷりを披露した。

チャレンジには葵の他、ギャル曽根、サッカー元日本代表の安田理大、お笑いコンビ・きつねの淡路幸誠らが完食を目指し参戦。挑戦するメニューは、厚さ約5cmのお好み焼きを3枚重ねた “お好み焼きタワー”の周りに、約1.1kgのそば飯を敷いていき、ホタテ、コーンバター、イカ焼き、チャーシューを大量にトッピングした、総重量・約3.36kgという、その名も『超爆盛り鉄板焼きタワー』。

総重量・約3.36kgの『超爆盛り鉄板焼きタワー』

途中、ギャル曽根から「朝ドラに出て反響とかってあったりするんですか?」と聞かれると、葵は「ありました。(朝ドラでの役名)“章兄ちゃん”と声をかけていただくことが増えて」と反響の大きさについて明かした。実はこれまで“不良役”としての出演が多かったという葵だが、朝ドラで“爽やかな青年役”を演じた途端、街でたくさん声をかけてもらえるようになったという。

続けて葵は「初めてのバラエティに出演できて、さらに覚えてもらえたらと思って」と、この波に乗って、さらに役者としての知名度を上げていきたいという思いを明かすと、大食いチャレンジ中は「俳優の“葵揚”です」、「俳優の“葵揚”が食べてます」、「“葵揚”も頑張ってます」とカメラに向かって自分自身の名前をしっかりアピール。これには番組MCの有吉弘行も「大丈夫だよ。朝ドラ出てるんだから」と笑いながらツッコミを入れていた。

そんな葵は『有吉ゼミ』に出演することを事前に母親に報告してきたといい、“頑張って食べてください。ただ醜い食べ方はやめてください”とメッセージをもらったという。また母親は『葵揚』の役名がネットニュースになるたびに、電話でお祝いをしてくれるといい、今回、完食して『葵揚 完食』とネットニュースでバズらせたいと奮闘した。

「母親の言いつけを守ってキレイに食べないと…」と黙々と箸を動かしながら食べ続ける葵だったが、残念ながら結果は約2.5kgに終わりタイムアップ。ギャル曽根ときつね・淡路の2人だけが完食した。

【TVer】最新話を無料配信中!
【Hulu】最新〜過去話配信中!

写真提供:(C)日テレ

     

関連記事

注目記事

新着記事

バラエティの記事一覧

カテゴリ一覧