【世界が注目】8人の“柱”キャストが一同に集結!『鬼滅の刃』柱稽古舞台あいさつレポート

2024.2.7 18:15

2月3日都内にて『ワールドツアー上映「鬼滅の刃」絆(きずな)の奇跡、そして柱稽古へ』の公開記念舞台あいさつが行われた。水柱・冨岡義勇(とみおか・ぎゆう)役の櫻井孝宏、〈元〉音柱・宇髄天元(うずい・てんげん)役の小西克幸、霞柱・時透無一郎(ときとう・むいちろう)役の河西健吾、蟲柱・胡蝶しのぶ(こちょう・しのぶ)役の早見沙織、恋柱・甘露寺蜜璃(かんろじ・みつり)役の花澤香菜、蛇柱・伊黒小芭内(いぐろ・おばない)役の鈴村健一、風柱・不死川実弥(しなずがわ・さねみ)役の関智一、岩柱・悲鳴嶼行冥(ひめじま・ぎょうめい)役の杉田智和が登壇し、豪華声優キャスト陣による『柱稽古開幕舞台あいさつ』が行われた。

本編の上映を終えてゲストたちの登場を待ちきれないという劇場の雰囲気の中、ゲスト登壇に先だち諸注意事項のアナウンスが流れると、その声はなんと、炎柱・煉󠄁獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)役の日野聡が事前収録したもの。思わぬサプライズに場内も喜びの雰囲気に包まれ、日野の「いざ!登場です!」というナレーションに呼び込まれて、キャスト陣が登場するというサプライズから始まった。

本作『鬼滅の刃』において、それぞれが全集中の呼吸を極め、他の鬼殺隊士とは一線を画す強さを誇る剣士たちが“柱”。これまでも、他の鬼殺隊士では到底歯が立たないと思われるような強力な鬼が登場するたびに、驚くべき強さを見せて活躍してきた個性豊かな“柱”の面々だが、彼らの声を演じる声優キャスト陣がそろってのイベントは今回が初。

メンバーが一堂に会したことについて、小西は「今回はこうして“柱”のみんなが集まれて、ファンの皆さんの応援がないとできないことなので、本当にありがたいです」と喜びで声を弾ませた。花澤は共に登壇した面々を見て第一声「心強いですね。いい意味で緊張もなくて。安心感があります」と“柱”の剣士さながらな頼もしさを感じていると語った。

『テレビアニメ「鬼滅の刃」刀鍛冶の里編』では、河西演じる時透と花澤演じる甘露寺が、炭治郎や玄弥といった若い隊士たちと戦う場面が、今回初めて劇場で上映されるということで、無一郎を演じた河西は「(『遊郭編』から)バトンを受け取って落とさずに次につなぐことができるか不安だったのですが、無事に走り切って、また『柱稽古編』へバトンをつなぐことが出来るんだな」と、物語を紡いだうれしさをかみ締めるようにコメントした。続いて花澤も「『竈門炭治郎 立志編』での最初の『柱合会議』ではどんなキャラクターなのか分からなかったと思うのですが、今回やっと、彼女がどうして彼女らしくいられるのか、パーソナルな部分が描かれていて、それが演じられてうれしかった」と自身が演じた甘露寺について語った。

そして本作では、春から放送が決定しているエピソードが放送に先がけて公開となり、第一話から風柱・不死川実弥、蛇柱・伊黒小芭内と大量の鬼との激しい戦いから幕を開けた。蛇柱・伊黒を演じた鈴村は「やっと“呼吸”が使えたんです!」とうれしそうに報告し会場からは笑いと拍手が。伊黒の戦闘シーンについて「映像を見た時に“こうなるんだ!”と感動しました」と、実感できたことを喜んだ。また、風柱・不死川実弥を演じた関も「色んな人から“関君も鬼滅でてるよね!”と言われてきましたが、今まで出ている実感があまりなくて…」と本音を告白。そんな中迎えた『柱稽古編』のアフレコ現場で、「花江君たちと一緒になって“あ、炭治郎がいる!善逸やん!!伊之助だ!”とやっと実感できて(笑)今は胸を張って『鬼滅の刃』出てるよ!と言える」と、自身の演じるキャラクターの魅せ場が公開となった喜びを改めて爆発させていた。

この『ワールドツアー上映「鬼滅の刃」絆の奇跡、そして柱稽古へ』は140を超える国と地域での上映、そしてワールドツアー舞台あいさつが予定されている。花澤はソウル、河西は櫻井とともにメキシコシティ、そして早見は松岡とともに台北、香港へ、それぞれの舞台あいさつに出演することが決まっている。昨年もワールドツアーに参加した小西は「熱気がすごくてビックリしました!“テーンゲン!テーンゲン!”のコールが巻き起こって、お客さんが逆に盛り上げてくれて、すごくパワーもらいました」と当時のワールドツアーのエピソードを話した。

小西同様、前回のツアーで世界をまわった花澤は「コスプレする方が多くて、すごかったです!日本語で話しかけてもらいましたし、いろんなところに『鬼滅の刃』が浸透しているんだなと思いました。河西君と行くソウルでは、河西くんに“サランヘヨ”って言ってもらうからね」と突然のリクエストを河西に伝えた。すると、同じく河西とともにメキシコに向かう櫻井は「河西さんに皆さんの前で“Te amo”を言ってもらおうと思います」とさらに重大な役が伝えられた。

それを聞いた小西は「今日は皆さんに“愛してる”を伝えないとね」とつぶやき、日本からスタートするワールドツアーの“絆を紡いでいく”というコンセプトの通り、河西から「日本のみなさま、大好きです、愛してます」とライブビューイングのカメラを通して全国207館の映画館へ“愛”のメッセージが届けられた。

『ワールドツアー上映「鬼滅の刃」 絆の奇跡、そして柱稽古へ』絶賛公開中

刀鍛冶の里を舞台に、炭治郎と上弦の肆・半天狗との激闘の決着と禰󠄀豆子の太陽克服を描いた《刀鍛冶の里編》第十一話の劇場初上映に加え、来たる鬼舞辻󠄀無惨(きぶつじ・むざん)との決戦に向けた柱稽古の開幕を描いた《柱稽古編》の第一話を初公開。

配給:東宝・アニプレックス

『テレビアニメ「鬼滅の刃」柱稽古編』
2024年春より全国フジテレビ系にて放送開始

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

     

関連記事

注目記事

新着記事

アニメ・コミックの記事一覧

カテゴリ一覧