男闘呼組、突然の活動休止から30年…デビュー前にメンバー全員で拒否した驚きの“グループ名”を告白

2023.8.22 13:00

昨年、29年ぶりに活動再開した4人組ロックバンド・男闘呼組の岡本健一、高橋和也、成田昭次、前田耕陽が21日放送の『しゃべくり007』に出演。デビュー前、『男闘呼組』というグループ名の前に提案され、メンバー全員で反対したという幻のグループ名を明かし、スタジオを盛り上げた。

1988年にジャニーズ事務所からデビューした男闘呼組。その年、その年、『日本レコード大賞最優秀新人賞』を受賞し、『NHK紅白歌合戦』に出場するなどトップアイドルとして活躍。しかし1993年、わずか5年で突然の活動休止を発表した。

活動再開後の復活ライブには、ジャニーズ時代の後輩が多数訪れたというエピソードを受け、当時の後輩たちについてトークを展開。高橋が「すごい小さかったのを覚えてますね」と当時、中学生くらいだったKinKi Kidsについて懐かしんだ。すると前田が「最初“KANZAI BOYA”って名前で出てきましたからね」とKinKi Kids以前のグループ名について語った。

すると高橋が「僕らだって、1番最初に付けられた名前は“東京”ですもん」と驚きの過去を告白。「世界中の人が“東京”って言ったら絶対わかる」と前田がグループ名にまつわる由来を説明した。

“東京”というグループ名について高橋は「“嫌だ”って言って」とメンバー全員で拒絶したという。そして「“隊”は“シブがき隊”もあるし、“少年隊”もあるじゃないですか。でも、“組”っていうのは無いじゃないですか。で、“男闘呼組”って名前が出てきたんですよね」とグループ名が決まるまでの秘話を明かした。

こうして名付けられた“男闘呼組”も8月末のラストライブを最後に解散。番組の最後には、メンバーを代表して高橋がラストメッセージを送った。「本当に長い間応援してくださったファンの皆さん、テレビを通じて僕らを応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。僕らは30年前に活動を休止して以来、世の中から姿をずっと消していました。でも、30年ぶりにこうして、また4人で皆さんの前に帰ってくることができて、本当に感謝しています。本当にありがとうございました」と語り、男闘呼組として最後のテレビ出演を締めくくった。

【TVer】最新話を無料配信中!
【Hulu】最新〜過去話配信中!

写真提供:(C)日テレ

クオカードプレゼントキャンペーン2024

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

SNS