乃木坂46齋藤飛鳥卒業コンサートレポート③ 賀喜遥香「飛鳥さんのことが大、大、大好きです!」

2023.5.24 20:00

乃木坂46・齋藤飛鳥(24)の卒業コンサートが5月17日・18日の2日間、東京ドームにて開催された。entax取材班は最終日・5月18日のコンサートの様子を独自取材。この記事では4期生・5期生メンバーとの交流を中心にレポートする。

(Part1~3のPart3/Part1はこちら・Part2はこちらから)

■最年少メンバー小川彩「最後まで笑顔で飛鳥さんを見届けたい」

コンサート中のVTRで、昨年加入したばかりの5期生を「一人ひとりの個性が強いから、遠くで見てるのも楽しい人達」とコメントしていた齋藤飛鳥。「メンバー全員と絡みたい。目が合いたい。誰一人もれることなくかわいくきれいにモニターに大きく映ってほしい」と言い、5期生メンバー曲『絶望の一秒前』を一緒にパフォーマンスした。

そんな5期生の代表として言葉を送ったのは最年少メンバー、15歳の小川彩だった。「ついにこの日が来てしまったんですけど、(本当は)今日が終わってほしくないと思ってるんです」と、卒業コンサートを迎えた寂しさを吐露する。「(齋藤には)憧れているからこそ近づけなくて、でもライブを通して飛鳥さんと過ごす時間が本当に幸せで。今日はもしかして泣いちゃうかもしれないけど、ここにいる皆さんと最後まで笑顔で飛鳥さんを見届けたいです。皆さんも声出しできるので、たくさん声を出し切って飛鳥さんに届けてほしいと思います」と一生懸命話す小川に、齋藤は思わず「かわいい〜!」と声をもらしていた。

遠藤さくらと齋藤飛鳥

■「飛鳥さん、大、大、大好きです!」賀喜遥香の“飛鳥愛”があふれ出す

一方、5年間活動を共にした4期生について齋藤は「1期生が当初言われていた女子高校、お嬢様学校の生徒という空気感があった」と評しながら、「いつからか頼りになる存在になっていた」と成長を喜んだ。

4期生の中で最初に思いを伝えた賀喜遥香は、「私、飛鳥さんが思ってるより飛鳥さんのことが好きなんですよ。いつもは目を見るだけでニヤニヤして照れちゃって近くに行けなかった」と明かし、「それは伝わってた」と齋藤が笑う。「だから今日は手をつないだり、ハグしたり、頭ポンポンしたり……」という発言に「だいぶ後輩だよね?」と齋藤がツッコミ。「じゃあ私がポンポンしてもらいます。ちょっとがんばりたいと思います!」と言い直し、齋藤への愛を爆発させた。

賀喜がセンターの4期生曲『I see…』を一緒に披露した際には、「飛鳥さんは大先輩なのに気さくに話しかけてくださったり、泣いている子がいたらその子のところに行って笑い飛ばしてくれたり、よくみんなをごはんに連れて行ってくださいました」と思い出を語る賀喜。「これから先、飛鳥さんがいない乃木坂で活動していくのは、本当はちょっと不安もあるんですけど……」と本音を吐き出すと、ついに涙があふれた。「飛鳥さんの後輩で本当に幸せだなと思います。だから今度は私達が立派ないい先輩になって、大好きな飛鳥さんから受け継いだものを未来の乃木坂につなげていけるようにみんなでがんばります。ずっと見守っていてください。飛鳥さん、大、大、好きです! ずっと大好きです!」。涙声のまま一気に言う賀喜を見て、齋藤も涙ぐんでいた。

齋藤飛鳥、遠藤さくら

■遠藤さくら「追いかけてきた背中があまりにも大きすぎて追いつけない」

アンコールでは後輩メンバーの代表の1人として遠藤さくらが涙で言葉に詰まりながらもコメント。「飛鳥さんは何もできない私にも色んなことを教えて背中を見せてくださいました。本当にたくさんのものをもらったから返したいっていう気持ちでいっぱいなのに、今日まで全然間に合わなかったです。追いかけてきた背中があまりにも大きすぎて追いつけないかな、と思っているんですけど、ちゃんと飛鳥さんからいただいたものを忘れないように一生懸命抱えて、これからもここで踏ん張ってがんばるので、いつか飛鳥さんが言ってくれた“自分で自分を認めてあげられる”ようになったら、また会いに行きます」
遠藤の言葉を受けた齋藤は「さくら、ありがとう」と言って抱きしめ、マイクを通さず遠藤の耳元で何かを伝えながら優しく頭をなでていた。

アンコールの最後には客席のファンがいっせいに「いってらっしゃい」の文字を掲げ、羽根がついたゴンドラで飛び立っていった齋藤の姿をいつまでも見送っていた。その後もアンコールを求める手拍子や「あすかー!」というかけ声は鳴りやまず、「せっかく天に昇って行ったのに来ちゃったよ」と、齋藤が再び登場することに。
「端から端まで、本当にありがとう! 気持ちは伝わりました。でもみんな、帰れなくなっちゃうから。明日からも乃木坂46、みんなをたくさん楽しませてくれるので安心してください。本当に本当にありがとうございました! ちゃんと気をつけて帰ってね。あんなにかっこよく退場したのにね(笑)。またね。おやすみ」と笑顔で手を振り、11年間のアイドル人生に幕を下ろした。

【齋藤飛鳥Profile】
1998年8月10日生まれ(24歳)東京都出身。
2011年、乃木坂46 の1期生オーディションに合格。2012年乃木坂46の1stシングル『ぐるぐるカーテン』でCDデビュー。15thシングル『裸足でSummer』で初センター。31stシングル『ここにはないもの』を最後に、2022年末で乃木坂46を卒業。アイドル活動と並行してファッション誌モデル、俳優としても活動しており、今後も芸能活動を続ける。

写真提供:Ⓒ乃木坂46LLC

     

関連記事

注目記事

新着記事

イベントの記事一覧

カテゴリ一覧