川村壱馬&中本悠太が明かす、HiGH&LOW最新作の壮絶アクション秘話

2022.9.8 12:00

男たちの友情と熱き闘いを様々なメディアで描く『HiGH&LOW』シリーズと、不良漫画の金字塔『クローズ』『WORST』(原作・髙橋ヒロシ)の2大コンテンツ・クロスオーバー映画『HiGH&LOW THE WORST』の続編『HiGH&LOW THE WORST X』が9月9日に全国の劇場で公開される。

entax取材部はTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEの川村壱馬とNCT 127の中本悠太に映画の見所である壮絶なアクションシーンの撮影秘話を聞いた。

大変だったことは”練習量”

■映画の見所のひとつ、壮絶アクション秘話

川村壱馬:大変だったことで言えば、練習量ですかね、シンプルに。アクションは前作でやっているというのもあって意外と今どういうふうに映っているとか、かぶりとかあるんですけど、この辺(※顔の前)通したら当たっているように見えるなとか、もう勘がわかっている感じはあったので今回に関しては。大変だったと言えば、練習量。たぶん体感的に、前作の3倍くらいアクションが。

中本悠太:すごいよね、アクションね。

川村壱馬:やばかったけど、撮影のときは楽しいしかなかったので、全然大変とかそこまでなかったんですけど、練習が大変でした。

中本悠太(NCT 127)が明かす監督から「ケンカとダンスは違うよ」

中本悠太:アクションを覚えるっていうことは、普段からダンスを短い期間で覚えたりするので、そこに対しての難しさというよりかは、ケンカって人を倒しにかかる行為なので、ここで(※拳を突き出して)止めてしまうとダメなんですよね、拳を。でもダンスってやっぱり(※振り付けの位置で)止まっちゃう。だから監督に「ケンカとダンスは違うよ」と言われたことが、一番難しいなと思った部分ですね。でも本番スイッチが入るとみんな練習よりもすごく速いスピードになっちゃうので、じゃないとOKも出ないですし、最後壱馬君と戦うところも「当たってもいいからガチでやろう」とお互い信頼し合って。最後に (監督から)OK出た瞬間の気持ちよさはいまだに忘れられない。

川村壱馬:2人で「よっしゃー!!」って。

三山凌輝(BE:FIRST)「“守りたい大切なもの“は出会い」

■映画にちなみ、自身が“守りたい大切なもの“は

中本悠太:僕はステージにいる時間とか、作品をつくるうえでの時間の大切さだったり、1秒1秒に何かあるわけじゃないですか。そこでケンカもするだろうし。その瞬間瞬間を守りたいというか、大切にしていきたいですね。ただこう過ぎていくんじゃなくて。時間も含めてこの環境、今の過程を大切にしたいですね。

三山凌輝:守りたいものですか? 家族ですかね。

中本悠太:カッコイイ~!

三山凌輝:(笑)本当ごめんなさい。でもなんだろう・・・、わかりました、出会いです。出会いは、今回もそうなんですけど、すごく長く続いていくご縁で。もちろん巡り合わせはあると思うんですけど、どれだけ自分がたぐり寄せるかというのと、自分がどれだけその人と一緒にいたいかとか、今後こういうことをしていきたいみたいなエネルギーやマインドみたいなものがお互いを引き寄せることになると思うんですよね。人と人が絡まないと新しいことが起こらないので、そこはやっぱり守りたいなと思いますね。

中本悠太:(※親指を立ててグッドポーズ)

三山凌輝:ありがとうございます(笑)。

インタビュー『共演の印象編』はこちらから。

最新作『HiGH & LOW WORST X』(読み:「X」=クロス)は川村壱馬(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)演じる花岡楓士雄が頭をはる鬼邪高の前に、エンジ色の学ランを着た“血の門”と呼ばれる瀬ノ門工業高校が立ちはだかるシリーズ史上最大の頂上決戦。

『HiGH&LOW THE WORST X』9月9日(金)公開

『HiGH&LOW THE WORST X』9月9日(金)公開 配給:松竹
©2022「HiGH&LOW THE WORST X」製作委員会 ©髙橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX

【Profile】
■川村壱馬:総勢16名からなるTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのヴォーカルの1人。2018年からは演技にも挑戦している。2020年には初のフォトエッセイ「SINCERE」を発売。
■吉野北人:総勢16名からなるTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのヴォーカルの1人。2018年から演技にも挑戦し、2022年3月には自身初の写真集「As i」が発売。
■中本悠太:グローバルグループ NCT 127でデビュー。インスタグラムの国内アカウントフォロワー数ランキングで男性1位(847万人で渡辺直美に次ぐ総合2位)
■三山凌輝:舞台や映画「人狼ゲーム デスゲームの運営人」などに出演。2021年、SKY-HI主催のオーディションでBE:FIRSTのメンバーに選出された。

(entax取材部)

関連記事

新着記事

インタビューの記事一覧