八木勇征、本田望結 異色のクロスオーバーする“Zドラマ”撮影秘話を語る【前編】

2022.8.9 20:00

“Z世代に向けたエール”をコンセプトにした日本テレビ発のZドラマ第3弾『やり直したいファーストキス』が、TVerで現在配信中。entaxは出演者の八木勇征(FANTASTICS from EXILE TRIBE)と俳優・フィギュアスケーターの本田望結に単独インタビューを行い、2作品がクロスオーバーするという異色の試みに挑戦する本作の魅力を語ってもらった。

――ドラマの見どころと役柄を紹介してください

八木 僕は園宮蓮という21歳の大学生を演じます。自分で言っていてとても恥ずかしいのですが、完璧男子を演じさせていただきました。

本田 皆さん(取材スタッフが)、めっちゃ笑っている。

八木 ありがとうございます、ありがとうございます(笑)
このドラマは学生の青春の一部を切り取った内容で、あるような・ないようなストーリー。あの頃にしか行動できなかったこと、何でもできると思っていたあの頃の自分を思い出せるような、自然と入り込める作品になっていると思います。

本田 本当に“ザ・青春ドラマ”だと思います。キュンキュン要素もあるし、友情もあるし、そして恋愛リアリティーショーっていう今どきなZ世代の皆さんに向けたトレンドがドラマに加わっていてすごく面白いし、2つのドラマが掛け合わさって1つのドラマが完成するっていうなかなかないかたちになっていて、どんなふうに映像が仕上がっているのか、すごく私も楽しみです。

――役作りで工夫したのは、どんなところですか?

八木  初めて役について説明いただいたときはキャラクターのバックボーンなどは細かくは決まっていなかったので、監督とスタッフの方々とたくさん話し合い、自分自身の経験をふまえた要素も入れさせていただきながら、役の性格まですり合わせました。誰にでも気遣える裏表がある役にしたいなと思っていたので、ぱっと見はどこを切り取っても好青年という完璧男子を作りました。ただ、なかなか自分の素を出せないという部分も大事に表現しています。

本田 今回、私たちだけでなくて、役は出演者にかなりお任せでした。服装とかもそうなんですけど、自分たちが普段着るようなのに似せていったりとか、やりやすさを監督とかスタッフさんがすごく考えてくださっていたなって思います。ももは、TikTokをやっている女の子っていう情報が1つだけあったので、ファッションだったりとか、コスメとか流行に乗っているような子にしたいなって思って、金髪をつけて特徴的な髪形にしたりとか、ファッションも派手めというか、モノトーンよりは明るい服を着ているようなのをスタイリストさんとかと相談しながら作っていきました。

――演じるキャラクターと自分の似ているところ、逆に似ていないところはありますか?

八木  似ていないところは完璧男子(笑)。めちゃくちゃ不器用なので。蓮君ってすごく器用そうなイメージじゃないですか。似ている部分で言うと、あんまり自分の素な部分をさらけ出せないところですかね。

本田 すごくいい子というよりは、勝つためなら何でもするような子なので、「ももと似ています」って(言うと)ちょっとダメだと思う。素直に何でも言えるところは周りからカッコイイとか、強いっていうふうに捉えられる部分もあると思います。私も「素直だね」って言われることは多いので、そこは似ているんじゃないかなって思います。

――今回、『やり直したいファーストキス』と『ばかやろうのキス』という2つの作品がクロスオーバーして展開されます。その点はどう捉えていますか?

八木 こういうスタイルって今までなかったなと思うし、『ばかやろうのキス』で放送されている恋愛リアリティーショーが、僕たちもこの現実世界でも見られる。だからより『ばかやろうのキス』にのめり込めて、共感できる部分もたくさん出てくるんじゃないかと思います。

本田 私自身も初めてに感じます。そういうドラマの作り自体が本当に面白いと思います。恋愛リアリティーショー番組が放送されて、その裏側が『ばかやろうのキス』では見られる。でも、どっちかしか見られない人でも楽しめるようになっているのが面白いなって思います。どちらもちゃんと話の内容が面白いから、いろんな楽しみ方があると思います。私自身もめちゃめちゃ楽しみにしています。

――普段、SNSをどんな風に使っていますか?また、SNSを使っていて良かったなと思う時はどんな時ですか?

八木 『FANTASTICS』というグループでボーカルとして活動しているので、ドラマで八木勇征を通して、そこからSNSなどで『FANTASTICS』を知っていただけることがうれしいです。僕はインスタのアカウントに(グループの)YouTubeチャンネルのURLを載せているのですが、そこからミュージックビデオなどをより見やすく、知ってもらいやすくなっている点で、使っていて良かったなと思います。

本田 私も出演させていただいたバラエティーだったり、ドラマだったりを、フォローしてくださっている方に“何時からありますよ”っていうのを載せたり、プライベートなところを載せたりしています。使っていて良かったなと思うのは、(フォロワーの)皆さんのことが見られるっていうのが、すごく面白いなと思います。皆さんがどういう生活をされているかとか、芸能人の方がどういうお仕事をされているのかって調べるのって難しいけど、SNSをされている方だと、“こういう映画に出演されるんだ”とか、“何時から生出演されるんだ”とか、それは芸能の方だけでなくても、プライベートの友達のことも見られるし、SNSってすごいなって思います。(後編へ続く

『やり直したいファーストキス』は、Zドラマ第2弾『ばかやろうのキス』とクロスオーバーして展開される作品で、『ばかやろうのキス』の劇中にも登場する恋愛モキュメンタリー(擬似ドキュメンタリー)。ファーストキスをやり直したい6人の女性が完璧男子・園宮蓮(八木)とシェアハウスで共同生活を行いながら、自らを蓮にアピールし、最終的に蓮のハートを射止めファーストキスをやり直すのは誰?という展開となる。八木も出演する『ばかやろうのキス』の登場人物である久城湊人(板垣瑞生)、入江勇吾(窪塚愛流)、小佐田慶太(ゆうたろう)は、この『やり直したいファーストキス』をきっかけに心をかき乱されながら夏の大冒険を繰り広げる。

<キャラクター紹介>
園宮蓮(そのみや れん)~超有名私立に通う大学生。タレント。ルックス、頭脳、運動神経すべてをかねそなえた完璧な人物(八木勇征)。

天音もも(あまね もも)~ 高校3年生。美山李里奈(出口夏希)とは高校の同級生で親友。何事にも物怖じせず、思ったことは何でも口にし、行動にうつすタイプ(本田望結)。

【Tver】最新話を無料配信中!
【entax 公式TikTok】出演者のオリジナル動画を配信中!
【entax 公式Instagram】出演者のオフショットを掲載中!

     

関連記事

注目記事

新着記事

インタビューの記事一覧

カテゴリ一覧