川村壱馬、中本悠太らHiGH&LOWキャスト4人が劇中曲を熱唱「すごい曲ができた」

2022.9.2 16:00

9月2日(23:05〜23:35)放送の日本テレビ系の人気音楽番組『MUSIC BLOOD』に、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの川村壱馬と吉野北人、NCT 127の中本悠太、BE:FIRSTの三山凌輝が出演する。この4人は、男たちの友情と熱き闘いを描く『HiGH&LOW』シリーズの最新作『HiGH&LOW THE WORST X』(9月9日公開)で共演。そこでentx取材部は番組収録後に注目の劇中曲『Wings』についてインタビューした。

entaxが独自にインタビュー

■HiGH&LOW最新作主要キャストに単独インタビュー

――劇中曲『Wings』の聴きどころは?

川村壱馬:ユニゾンで「かけがえのない友よ」といっているところが、役としてもすごく共感できるし、個人的にも共感できちゃうし、一緒に歌っているこの仲間をっていう、そこはしびれるところでもありますし、何より本当映画にピッタリなんですよね。すごく青春を感じるというか、ただ壮大な泣かせにかかりますみたいなバラードじゃなくて、本当純粋に青春っていう感じ、素直なまっすぐな楽曲になっています。

吉野北人:すごいいい歌だなって歌いながら感じましたし、歌っていて次どういう感じで歌ってくるんだろうみたいなイメージだったりとか考えるのも楽しくて、実際に上がってきたものを聞いてみると、それぞれの個性がすごく入っているし、でも一体感もあるし、すごい名曲ができたなという個人的にも思いますし、映画ともすごいマッチしているし、本当にステキな曲を歌わせてもらってうれしい限りですね。

劇中歌『Wings』を『MUSIC BLOOD』で披露

――音楽番組『MUSIC BLOOD』出演について

中本悠太:めっちゃうれしかったよね。

三山凌輝:マジで、すごいうれしい。

中本悠太:映画撮っている最中も、みんなで何かね、お互いアーティストっていう職業があったので、何かひとつ映画とかけて携われたらいいねという話はずっとしていたので、まさかこういう形で劇中歌を歌わせてもらうことができて、なおかつこの『MUSIC BLOOD』にも出させてもらって、すごくうれしかったよね。

川村壱馬:おっしゃる通りですね、本当に話していたので。何かやりたいよねって。それこそグループ同士なのか僕ら4人っていう発想まで行っていなかったですけど、何かやりたいよねっていうアーティストとして、それがマジで実現したので本当にうれしかったですね。

グループの垣根を越えて刺激し合う4人

――劇中曲『Wings』を聴いて感じてほしいこと

川村壱馬:みなさんにも大切な人がいると思うので、そういう人を思い浮かべるような楽曲になっていたらいいなとすごく思います。

最新作『WORST X』(読み:「X」=クロス)は、川村壱馬(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)演じる花岡楓士雄が頭をはる鬼邪高の前に、エンジ色の学ランを着た“血の門”と呼ばれる瀬ノ門工業高校が立ちはだかるシリーズ史上最大の頂上決戦。大切なモノを守るため、拳×魂×運命が激突(クロス)するアクション大作。瀬ノ門を束ねる天下井公平(三山凌輝/BE:FIRST・RYOKI)、須嵜亮(中本悠太/NCT 127・YUTA)、鬼邪高の高城司(吉野北人/THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)の4人が自身の所属グループの垣根を越えクロスオーバーした劇中曲『Wings』を、音楽番組『MUSIC BLOOD』(9月2日23:05から放送予定)で披露する。

『HiGH&LOW THE WORST X』9月9日(金)公開

『HiGH&LOW THE WORST X』9月9日(金)公開 配給:松竹
©2022「HiGH&LOW THE WORST X」製作委員会 ©髙橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX

【Profile】
■川村壱馬:総勢16名からなるTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのヴォーカルの1人。2018年からは演技にも挑戦している。2020年には初のフォトエッセイ「SINCERE」を発売。
■吉野北人:総勢16名からなるTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのヴォーカルの1人。2018年から演技にも挑戦し、2022年3月には自身初の写真集「As i」が発売。
■中本悠太:アイドルグループNCT127でデビュー。インスタグラムの国内アカウントフォロワー数ランキングで男性1位(847万人で渡辺直美に次ぐ総合2位)
■三山凌輝:映画や2.5次元ダンスライブ『ツキウタ。』などに出演。2021年、SKY-HI主催のオーディションでBE:FIRSTのメンバーに選出された。

(entax取材部)

関連記事

新着記事

インタビューの記事一覧