櫻坂46単独インタビュー 『摩擦係数』MV撮影の裏話や1stアルバムについて語る

2022.9.2 14:00

9月2日放送(25:04~)の『バズリズム02』に出演する櫻坂46。8月3日に1stアルバム『As you know?』が発売され、番組ではアルバムリード曲『摩擦係数』を披露した。“理性と野生”をテーマにしたミュージックビデオの撮影エピソードやアルバム全体の注目ポイントについて、entax取材班はメンバーの田村保乃、藤吉夏鈴、森田ひかる、山﨑 天に話を聞いた。

■池田監督は「自由にやっていいよ」とメンバーに任せてくれた

田村保乃

――『摩擦係数』のMVは3rdシングル『流れ弾』と同じ池田一真監督が手掛けていらっしゃいます。その世界観や撮影の際のエピソードなど他にもありましたら教えてください。

田村 櫻坂のMVだけでなく、個人的に池田監督が手掛ける作品全部がすごく好きなので、また池田監督とこうしてご一緒させていただけるというのがうれしかったです。前回よりも成長したグループの姿を見ていただきたかったですし、撮影もとっても楽しみにしていました。今回はまた『流れ弾』の時とは全く違う、新しい櫻坂の魅力を一緒に作ってくださったのかな、と思っていて、本当にうれしくありがたい気持ちでいっぱいです。

山﨑 MV撮影が始まる前に、“理性と野生”というテーマの資料をいただき、色々とディレクションしてくださったんですけど、細かいところまで説明してもらって本当にわかりやすかったので、私たちも流れをつかめてやりやすかったです。現場に入って映像を見てみたら、とんでもなくかっこいいものが撮れていたりして。撮りながらその場でもディレクションしてくださるのですが、「自由にやっていいよ」という感じで私たちに任せてくださるシーンが多かったので、一緒に作り上げていく感じが楽しかったですし、挑戦できる楽しさがあって新鮮な気持ちで毎回の撮影に臨めました。

森田 前回『流れ弾』で池田監督とご一緒させていただいた際、山﨑と私がシンメトリー(左右対称)の立ち位置だったんですが、「同じ振り付けを踊っているのに、違う振りを踊っているように見える」と監督がおっしゃっていて、その時に“私が野生っぽくて、山﨑の鋭い目線に理性っぽさ”を感じたそうなんです。それが今回のMVのテーマにつながっていると聞いたので、前作からメンバーを一人ずつ見てくださっている方という印象があります。また、「自由にやっていいよ」とメンバーを気遣って、撮影中もたくさん言葉をかけてくださるので楽しい現場でした。

森田ひかる

――例えばどんな言葉をかけられたのですか?

森田 ふとした仕草を「それいいね!」と褒めてくださって、「じゃあ、次はそれやってみよう」という風に進めてくださいました。ちょっとしたことでも「あ、今の良かったよ」と言葉をかけていただけるのでうれしかったです。

藤吉 MV撮影では、通常シーンが始まる前に「こういう表情でこういう気持ちで」という指示をみんなに出されるイメージがあるのですが、池田監督は何も言わずに、メンバー個人の思いを尊重してくれる方だと思います。それぞれの歌詞の解釈や(MVの)資料をいただいたときの感じ方を優先して考えてくださる方なので、とてもありがたい環境だと感じました。

■アートな仕上がりのフォトブックレットは沖縄で撮影。櫻坂46の名刺になるようなアルバムです

――『摩擦係数』も収録された1stアルバム『As you know?』についてもおすすめポイントを教えてください。

田村 今まで櫻坂46として作り上げてきた一つひとつのシングルが、アルバムという形になってお届けできるのがすごくうれしいですし、メンバーそれぞれ1曲ずつ思い入れがあるので、それをファンの方にも同じように感じていただけたらな、そして、このアルバムから新たに櫻坂を知っていただく方が増えたらいいな、とも思うので、また、ここから一歩踏み出していけるように、みんなでさらに頑張りたいです。

山﨑 天

山﨑 沖縄でのジャケット写真撮影がすごく楽しくて印象に残っています。アルバムの中にもメンバー一人ひとりの写真や、みんなで撮った写真、色々とフォトブックレットに入っているんです。OSRIN(PERIMETRON)さんにディレクションして頂き、「櫻坂46の未来を描く」というコンセプトのもと、すべて青写真で印刷されているので、色味の出方とかも独特ですし、ジャケットだけでもかなり世界観があるので、パッと見て目につくのではないかなと思います。櫻坂46としての一つの名刺になるというか、代表的なもの。「櫻坂46ってどんなグループなの?」って聞かれた時に、このアルバムを渡せばわかっていただけるようなものになっていると思います。このアルバムをきっかけに櫻坂を知っていただいて、これからの私たちを楽しみにしてもらえるような作品になってほしいですね。

森田 今回の1stアルバムには5曲の新曲が加わっていて、アルバムを引っ提げた全国ツアーも9月から始まるので、みんなで新しい櫻坂を見せていけたらと思っています。ファンの皆さんとも新たな思い出を共有したいですし、ここから一緒に歩んでいけたらいいな、と。

藤吉夏鈴

藤吉 ジャケット写真もMVもそうなんですが、アートっぽい部分がより濃く出たのがこの1stアルバムだと思っていて。それぞれのMVのエンディングの部分や、フォトブックに載っているメンバーの写真のアート感がいいなと。個人的にアートっぽい写真や映像がすごく好きなので、そういった部分が強調されたかっこいいアルバムになったんじゃないかなと思っています。

(インタビュー前編はこちら

【櫻坂46プロフィール】
秋元康総合プロデュース。応募者2万2509名のオーディションを経て、2015年8月に乃木坂46に続く『坂道シリーズ』第2弾グループとなる欅坂46として誕生。2020年10月より櫻坂46に改名し、1stシングル『Nobody’s fault』をリリース。オリコンウィークリーランキング1位を獲得。同年から2年連続で紅白歌合戦に出場した。2022年8月3日に1stアルバム『As you know?』を発売。9月からは全国ツアーを実施する。

新着記事

インタビューの記事一覧