カズレーザー 正しい眠りを妨げる、睡眠前の“絶対NGな行動”とは

2024.7.11 09:45
番組MCのカズレーザー

カズレーザーがMCを務める『カズレーザーと学ぶ。』が9日に放送された。今回は『芸能人のヤバい睡眠一挙解決SP』ということで、日本の睡眠研究の総本山、筑波大学の国際総合睡眠医科学研究機構より、柳沢正史氏と、櫻井武氏が登壇。出演者たちの悩みにアドバイスをおくるなかで、睡眠前に絶対NGな行動が紹介された。
 
柳沢氏によると、眠る前に絶対避けた方がいい行動は、インタラクティブなコンテンツ、つまりゲームや刺激的な動画など、脳が活性化されるようなコンテンツに触れることだという。特にここ最近増えているショート動画は、無尽蔵に興味をひく動画が流れるため要注意なのだとか。櫻井氏もこうした寝る前の行動に注意を払うべきとコメントし、不眠治療の方法から、寝室の使い方を紹介。寝室を眠る以外の目的で使わないよう、普段から心がけることにより、身体が寝室に行くと眠くなるように記憶し、眠りやすくなると解説した。
 

『カズレーザーと学ぶ。』に出演した、
筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構 副機構長 櫻井武
 

しかし櫻井氏によれば、人間にはどうやっても眠るのが難しくなる時間というのが存在するという。睡眠禁止帯とも呼ばれるその時間は、普段眠りにつく時間の2-4時間前。この時間帯は一日のなかで最も眠るのが難しい時間であり、早く寝ようと思ってもなかなか寝つけないといった事態が起きるのは、このためだそうだ。さらに睡眠禁止帯は、体内時計に応じて変化するため、眠る時間が遅くなればその分睡眠禁止帯も後ろにズレ、ますます眠ることが難しくなってしまう事態に。対処法として、無理にでも早起きしてみることで、強制的に早寝するように工夫する方法などが紹介された。

【TVer】最新話を無料配信中!
【Hulu】最新~過去話配信中!

写真提供:(C)日テレ

クオカードプレゼントキャンペーン2024

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

SNS

featured

text_newarticles

categories