アニメ『WIND BREAKER』ボウフウリン四天王・柊登馬VS佐狐浩太、2人の因縁の理由は…第6話あらすじ

2024.5.15 17:45

5月15日(水)よる11時からBS日テレにて放送されるアニメ『WIND BREAKER』第6話のあらすじ&先行カットを紹介。主人公の桜 遥(さくら はるか)は、好きなものは強いヤツ、弱いヤツには興味がない、孤独な不良高校生。超不良校として名高い風鈴高校にケンカの“てっぺん”を目指してやってくるが、同校が“防風鈴(ボウフウリン)”と名付けられた街を守る集団となっていることを知り、街を守るため戦い始める姿を描く。アニメでは、世界的人気作『呪術廻戦』の伏黒恵役で知られる内田雄馬をはじめ、千葉翔也、内山昂輝、島﨑信長、中村悠一、鈴木崚汰など、豪華声優陣が盛り上げる。

◆第6話「その背中を追って」あらすじ

勝負に負けたチームメイトを心配するどころか、仲間から追放していく、獅子頭連(ししとうれん)の兎耳山丁子(とみやまちょうじ)(CV:戸谷菊之介)と十亀条(CV:梅原裕一郎)。その異様な光景に桜たちは動揺しつつも、珍しく感情的になった蘇枋隼飛(すおうはやと)(CV:島﨑信長)が鹿沼稔(みのる)(CV:峯田大夢)に勝利し、ボウフウリンは着実に勝利を重ねていた。

続く3戦目は、ボウフウリン四天王・柊(ひいらぎ)登馬(CV:鈴木崚汰)VS佐狐(さこ)浩太(CV:小林千晃)で、何やら二人には因縁がある様子。スピードタイプの佐狐(さこ)に対し、はじめは防戦一方に見えた柊(ひいらぎ)だったが、ついに戦を司る武神の名を冠するボウフウリンの『多聞衆』筆頭たる実力を見せつける――。

タイマンを見守る獅子頭連(ししとうれん)の兎耳山丁子(とみやまちょうじ)と十亀条
ボウフウリン四天王で『多聞衆』の筆頭・柊(ひいらぎ)登馬
獅子頭連(ししとうれん)の佐狐(さこ)浩太。柊(ひいらぎ)とは因縁があり…
ボウフウリン総代・梅宮一が見守る先は…

TVアニメ『WIND BREAKER』
●MBS/TBS系 毎週木曜 深夜0時26分~
●BS日テレ 毎週水曜 よる11時00分~

<キャスト>
桜遥役:内田雄馬
楡井秋彦役:千葉翔也
杉下京太郎役:内山昂輝
蘇枋隼飛役:島﨑信長
梅宮一役:中村悠一
柊登馬役:鈴木崚汰

<原作>
にいさとる
『マガジンポケット』(講談社)にて連載中

『WIND BREAKER』公式HP
BS日テレアニメにむちゅ~公式HP
TVアニメ公式X 

©にいさとる・講談社/WIND BREAKER Project

クオカードプレゼントキャンペーン2024

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

SNS

featured

text_newarticles

categories