アニメ『WIND BREAKER』初登場・梅宮一、肩書きとのギャップに視聴者総ツッコミ「総代が屋上〇〇してるって(笑)」

2024.4.25 17:15

アニメ『WIND BREAKER』第3話「頂に立つ男」が4月24日(水)よる11時からBS日テレにて放送された。本作は、にいさとる原作の人気ヤンキー漫画。週刊少年マガジン公式アプリ『マガジンポケット』人気ランキング首位常連で、単行本は発売即重版連発の超話題作。孤独な不良高校生・桜 遥(さくら はるか)は、ケンカの“てっぺん”を目指して、超不良校として名高い風鈴高校にやってきた。しかし、現在の風鈴は“防風鈴(ボウフウリン)”と名付けられ、街を守る集団に変わっていたことを知る…。今、最もアツい新世代ヤンキー漫画。

(以下アニメ最新話までのネタバレを含みます)

◆“ボウフウリン”の狂信者・杉下京太郎

風鈴高校入学式当日。突然、桜(CV:内田雄馬)に殴りかかってきた杉下京太郎(CV:内山昂輝)。その様子を「いいねいいね~!バチバチだね!」とニコニコ楽しそうに見守る蘇枋隼飛(CV:島﨑信長)。

桜と杉下のケンカを見守る蘇枋

「でも桜くん、杉下くんの前で“てっぺん”を獲るはまずかったよ。杉下くんは中学時代からここに出入りしていて、その情熱と才能を認められ、唯一高校入学前から“ボウフウリン”を名乗ることを許された人。そして今の“てっぺん”への忠誠心というより、崇め奉り、傍から見たら少し行き過ぎた“てっぺんの狂信者”。それを獲ると言われれば…ねぇ」そう、桜と杉下を止める様子を見せずに話し続ける蘇枋。

杉下の攻撃に反撃する桜。蹴りがあごにヒットし、杉下は鼻血を出す…。「狂信者ね。要は自分じゃ何も考えられない。1人じゃ何も決められないってことだろう?そんなやつに、俺がやれるかよ」そう言って桜は不敵な笑みを浮かべた。

桜の蹴りがヒットし、鼻血を出す杉下

再び殴りかかる2人。そこへ校内放送が流れ始めた。「諸君!入学おめでとう!」と大音量でスピーカーから聞こえてくる声に一同が直立し、耳を傾け始める。「なんだ?空気が…。誰だこいつ」と、そんな様子を不思議に思う桜。その声は“ボウフウリン”総代の梅宮 一(CV:中村悠一)だった。梅宮は「これだけ人数が集まれば合わねぇやつもいるだろうし、これからいろいろあるだろう。ま、さすがに初日から殴り合いのケンカはないと思うけどな!」その言葉を聞いて、急いで鼻血を拭き、ケンカしたことを隠そうとする杉下。そして最後に梅宮から「お前ら、街を守れ。俺たちがもらった名前は、“ボウフウリン”。その名に違わず、人を、ものを、思いを、大切なものを守れ。それがここの唯一のルールだ!」と告げられ、教室の一同は…「押忍!」。目の前にいるわけではなく、声だけで皆の一体感を出す総代の梅宮が、一体どんな人物なのか気になる桜だった。

校内放送で、新入生を鼓舞する“ボウフウリン”総代・梅宮一(うめみやはじめ)

放送が終わると、蘇枋から和解の印に握手をしたらどうかと提案される。「“てっぺん”を目指す君ならこんなの些末(さまつ)なことだろう?杉下くん、君がクラスメイトに殴りかかったって聞いたら梅宮さんなんて言うかな?」。その言葉に狂信者の杉下は先に手を差し出した。「ケンカ以外で人に触れるの、妙な感じがする…」と桜は戸惑いながらも杉下の手を握り返し…するとクラスは大盛り上がり。「お前すごいな!あの杉下に一撃くらわすなんて!」と桜の前に皆が群がって来る。「考えてみたら、この街に来てからこんなのばっかだ…。思ったより…人間の体温って高いんだな…」。するとそこに先輩らしき人物が入って来て、1年1組は校庭に呼び出された。

桜はクラスメイトのおかげで“人の温かさ”に気が付く…

◆街を守る意味

校庭に出ると、そこで待っていたのは3年の柊 登馬(CV:鈴木崚汰)だった。「あいつ昨日の…」と桜が柊に気づくと、楡井秋彦(CV:千葉翔也)が「え?桜さん知り合い何すか?」と尋ねた。桜が「昨日喫茶店の女助けた時に…」と橘ことは(CV:長谷川育美)のことを言いかけた瞬間、すさまじい形相で柊が走って来て…「ことはちゃんがあの場にいたことは絶対、絶対誰にも言うなって言っただろう!」。激しく口止めをし、胃を抑えながら胃薬を飲む柊だった。誰にバレるとまずいのか…。

“ボウフウリン”四天王の1人で、多聞衆・筆頭の3年・柊登馬(ひいらぎとうま)
(画像は第1話より引用)

“ボウフウリン”は梅宮がてっぺんにいて、その下に1クラス3学年分を束ねる隊長のような役割をしている四天王がいる。四天王にちなんで、1組から順に“多聞衆”“持国衆”“増長集”“広目衆”という呼び名になっている。柊はその多聞衆の筆頭だった。

見回りに出る柊、桜、楡井、杉下、蘇枋。ただ歩くだけの見回りにつまらないと飽きる桜に柊は言う。「俺たちがこの制服を着て歩くだけで、小さいチームの連中は大分寄り付かなくなった。俺たちのケンカは守るケンカだ。俺たちの方から手を出す必要はない」

鯛焼き屋の壁の落書きを修復したり、街の人たちを助ける4人。高架下の飲み屋街までやって来ると、そこはボウフウリンと別チームである“獅子頭連”とのシマ境。獅子頭連は力の絶対信仰だと楡井から聞くと不敵な笑みを浮かべる桜。「いいねぇ、そういうの好きだぜっ」。すると高架下の向こう側から中学生が焦って走って来る。その後ろには獅子頭連のメンバーが追いかけてくる姿が…!

◆“ボウフウリン”総代・梅宮一

高架から向こうは相手のシマのため手出しはできない。柊は唇をかみしめその場を動けずにいると…獅子頭連のメンバーが倒れた。シマのことを考える前に動き出した桜と杉下が飛び蹴りをしたのだった。すると「なになに~、どうしたの~」と声が。奥から作務衣(さむえ)と下駄、丸いサングラスを身に着けた獅子頭連の副頭取、十亀 条(とがめじょう)(CV:梅原裕一郎)がゆっくりと歩いて来る。十亀のテンポの遅い話し方にイライラする桜。

迷うことなく獅子頭連を倒した桜

桜たちに蹴られて倒れていたメンバーが起き上がり「俺らのシマででけぇツラしてんじゃねぇ!」と叫ぶと、十亀はその頭を飲んでいたラムネ瓶で殴りつけた。「俺らのシマ?お前負けたんだろう?それ、弱いってことじゃん。お前も知ってるだろう。弱いやつは…」そう言いながらひたすら顔面を殴り続ける。「弱いやつは獅子頭連にはいらない」と獅子頭連のスカジャンをはぎ取った。それを見た桜は「ダッセ!力の絶対信仰が聞いてあきれる。弱いやつボコってそれが力か?せっかく面白そうなやつらだと思ったのにがっかりだ」と十亀に近づいていく。十亀はにやりといやな笑顔を見せその場を去っていった。「よ~し決めた。君はちゃんとした場所でボコボコにする。君の顔、覚えたから」。

梅宮に事情を話すため学校に戻る一同が屋上に向かうと、そこは屋上菜園になっていた。「ナスもピーマンもめっちゃ元気!夏はみんなでバーベキューだな!」そう満面の笑みで育てた野菜を高くかざす梅宮の姿に「強い…やつ…?」そう疑念を抱く桜だった。

◆蘇枋と楡井のささやかなやりとりにファンもん絶!

“ボウフウリン”のてっぺん・梅宮一の登場に、視聴者からは「梅ちゃん出て来た~!」「全く強そうに見えないけど、戦ったら強いんだろうな絶対」「総代が屋上菜園してるって(笑)」「ギャップがすごい、本当にてっぺん?(笑)」とついに登場した梅宮に期待が高まる声が。一方で、壁を修復したお礼にもらったたい焼きを、蘇枋が楡井に分けてあげていたシーンには「蘇枋くん、たい焼き食べないのかなと思って見ていたら、楡井くんにそのまま渡してて二度見どころか三度見した」「かわいくて微笑ましくてニッコニコになった」「たい焼きのシーンやばかったよね。すおにれ」などと、ささやかで微笑ましいシーンをファンは見逃さずにぎわっていた。

『WIND BREAKER』第4話は5月1日(水)よる11時よりBS日テレ他にて放送予定。

作品キービジュアル

原作: にいさとる「WIND BREAKER」 (講談社「マガジンポケット」連載)
監督: 赤井俊文
シリーズ構成: 瀬古浩司
キャラクターデザイン・総作画監督: 川上大志
音楽: 高橋諒
制作: CloverWorks

『WIND BREAKER』公式HP
BS日テレアニメにむちゅ~公式HP
TVアニメ公式X

画像提供:©にいさとる・講談社/WIND BREAKER Project

クオカードプレゼントキャンペーン2024

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

SNS

featured

text_newarticles

categories