永尾柚乃 妖怪が好きすぎて“人を妖怪に例えてしまう” 大久保佳代子は“おしろいばばあ”?

2024.3.15 08:45

ドラマ『ブラッシュアップライフ』で話題の子役・永尾柚乃が13日放送の『上田と女が吠える夜』に出演。“凝り性な女が吠える夜”と題したテーマで、最近ハマっていることを明かした。

番組冒頭、MCのくりぃむしちゅー・上田晋也が「柚乃ちゃんも何かハマってたりするの?」と尋ねると、永尾は「今は妖怪にハマっていて。妖怪の本とか妖怪のグッズもすごく持っていて」と打ち明け、『ゲゲゲの鬼太郎』の“鬼太郎”の衣装を着て出かけた時には、周りから写真を撮られることが「すごいうれしい」と笑顔を見せると、スタジオはホッコリ。

さらに「妖怪の名前も100人以上言えたりとか」と目を輝かせた永尾は、街でも“あの人はあの妖怪に似ているな”と人間観察していることを告白。その流れで、出演者のファーストサマーウイカが「似てるのいる?」と質問すると、「“波山(ばさん)”。口から火を出したりとか」と例え、そのイラストが公開されると「カッコいいじゃん!占いみたい、ピッタリですね」と大満足。

さらに、永尾は「上田さんは“五体面(ごたいめん)”」と例えると、その妖怪の容姿に「似てる!」と周囲は大爆笑。続けて「すごく面白くて、笑わせるのが生きがいなんですよ。勝手に家行って笑わせるんですけども、笑わなかったら家の中に入ってワーッて暴れて、で、”疲れた“って言って寝るっていう」と解説すると、上田はまんざらでもない様子で「そんな勝手な人間じゃないよ俺」ときっぱり。

そしてゲストのGACKTに似ている妖怪として“烏天狗(からすてんぐ)”の名前を挙げ、「時間と空間を操るんですよ。GACKTさんも時間と空間を操れるかなと思って」と解説すると、GACKTは「やっぱり柚乃ちゃんはいろいろ見えるんでしょうね」と感心。

妖怪“おしろいばばあ”に例えられた大久保佳代子

最後に、出演者の大久保佳代子を、「うーん。“おしろいばばあ”」と例えると、大久保は思わず「言葉が強いな」とリアクション。そのイラストが公開され、周囲が大笑いする中、“おしろいばばあ”は雪の夜にお酒を買い行く妖怪であることを説明した永尾は、「だけど、“ばばあ”っていうのが失礼かなと思って、“おしろいお姉さん”とかあったらいいなと思いましたね」とフォロー。しかし大久保は「でもたまに裸足で本当、酒買いに行ってるから、合ってると思う」と告白し、笑いを誘った。

【TVer】最新話を無料配信中!
【Hulu】最新~過去話配信中!

写真提供:(C)日テレ

クオカードプレゼントキャンペーン2024

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

SNS