『新空港占拠』トラウマレベル?サイコパスな警察官キャラにSNSざわつき! 出演俳優も投稿「魂込めて演じています」

2024.2.12 18:00

2月10日に日本テレビ系土曜ドラマ『新空港占拠』の第5話が放送された。本作は、獣の面をかぶった武装集団が占拠した新しい国際空港『かながわ新空港』で、神奈川県警捜査一課の武蔵三郎(櫻井翔)が人質救出と、鬼以上に危険な“けもの退治”に挑むタイムリミット・バトル・サスペンス。

(※以下ネタバレ含みます)
前回のラストで防犯カメラの映像から、川越(片桐仁)殺害の疑いをかけられた和泉(ソニン)。武蔵は和泉を信じるが、和泉の所持品の中から犬のお面が見つかってしまい…獣から和泉と人質との交換を要求されるのだった。

やがて武蔵は和泉の映像がフェイクで、川越は他殺でなく自殺だったことを突き止める。しかし、人質交換が始まってしまい、その隙に突入しようとしたSATも獣のワナにかかり、作戦は失敗に終わる。

すると獣による配信が始まった。そこで過去に公開した動画も全てフェイクだったことが明かされ、「ふざけやがって」と憤る武蔵たち。

さらに龍は、武蔵の兄の失踪は“山猫”が作り出したウソだといい、真実を知りたいなら、新空港社長の天童(黒沢あすか)が5年前の事件でついたウソを明らかにしろと命じる。

モリの刃が設置された装置に天童は拘束され、何もしなければ90分で頭にモリが飛んできてしまう…。

その装置の脇には兎と羊が立っていた。2人は天童への恨みを口にし、お面を取る。

兎と羊の素顔が判明

ここで獣の正体が、“兎”役は安斉星来、“羊”役が山本千尋だったことが判明した。これには「山本千尋さんか…もう勝てる気がしない」「どうりであのアクションか!!!」「安斉星来ちゃんがイケメンすぎてテレビの前でもだえた」「2人ともお面取る姿も奇麗」などの声が。

そんな中、犬のお面に仕組まれていた数字の暗号から、地元にある百首神社が何か関係しているとにらむ武蔵。5年前、空港建設反対運動のリーダーがそこで殺されていたという。

武蔵は百首神社へと向かい、十二支のお面を入った箱を見つけるが、神主に命を狙われ…。

そしてラストシーンでは最後の一人となるリーダー格の龍がついにお面を取った。その素顔は、予想にも多く名前があがっていた高橋メアリージュン。

SNSでは「ずっと噂されてたけどまさか獣のリーダーさんだとは思わなかった」「こんな美しい方が犯罪グループの頭領…?」「カッコよすぎだろ」「妖艶で素敵」などのコメントが続き、最後に明らかになった3人の獣が女性だったことについて「なんか獣が美人ぞろい」「龍、羊、兎(うさぎ)、美しすぎてヒエッてなった」などの意見も見られた。

龍の素顔も最後に明かされた

一方、謎の男(ジェシー)にら致されている裕子(比嘉愛未)は、男の指示で警察官の綾部(吉田健悟)から逃げていたが、結局捕まってしまう。目が覚めた時には謎の男と共に拘束され、そのそばには「ようやくお目覚めですか?楽しませてもらいます」と不気味にささやく綾部が立っていて…。

SNS上では執拗(しつよう)に裕子を追い続ける綾部の怪演が話題になった。「テレビに映るたびに、ホラーを見るかのように手で視界を狭くしちゃってます」「かなりイッちゃってて、トラウマレベル」「サイコパス警察官と呼んでいます」などの意見があがる中、綾部を演じる吉田がSNSで反応。「視聴者の方々から、気持ち悪い、目がイッてる、怖いから出ないで、エイリアン、気が狂ってる、様々な罵詈雑言(ばりぞうごん)を受けております。相手役のお二人のおかげでもあるのですが、正直うれしいです。魂込めて綾部朔を演じています。皆様の感想が作品の力に!盛り上げていきましょ」と投稿し反響を呼んだ。

生首神社で起きた事件との関りとは…

次週放送の第6話は…
空港社長・天童のウソを暴こうとする武蔵は、5年前に空港建設を巡って起きた殺人事件にたどり着くが、事件現場となった神社で命を狙われ絶体絶命!一方、裕子と謎の男は綾部に捕まり万事休す!そんな中、県警は神社の防犯カメラから衝撃の映像を発見。

暴かれる天童の罪と、獣たちの素顔!彼らはなぜ獣と化したのか!?壮絶な過去…結成前夜の誓い…獣の真の目的が明らかに!!

『新空港占拠』第6話は2月17日(土)よる10:00~放送。

【TVer】第1話~第3話と最新話を無料配信中!
【Hulu】過去話を配信中!

写真提供:(C)日テレ

             

この記事の画像(15枚)

       すべての画像を見る      

関連記事

注目記事

新着記事

ドラマの記事一覧

カテゴリ一覧