東大卒『ZIP!』住岡アナは日テレ歴代最高の頭脳?『小5クイズ』挑戦であまりのスゴさにMC仰天

2024.2.9 20:54

朝の情報番組『ZIP!』でフィールドキャスターを務める日本テレビ新人の住岡佑樹アナウンサーが2月9日放送の『クイズ!あなたは小学5年生より賢いの? キャスター大集結SP』に出演。空き時間をすべてつぎ込んだというとてつもないクイズ対策量を武器に、最高賞金300万円獲得に挑んだ。

東京大学教育学部卒業という経歴を持つ住岡アナ。そのポテンシャルはすさまじく、箱根駅伝の取材に行く際には先輩が選手の名前を挙げると、住岡アナは出身地から趣味特技に至るまでその選手の細かい経歴をすべて覚えてきており、先輩を驚かせたというエピソードも。『ZIP!』で総合司会を務める水卜麻美アナウンサーも「絶対結果を出して『ZIP!』に帰ってきてくれると思うので、本当に楽しみ!」と、エールともプレッシャーとも取れるコメントを寄せていた。

今回の出演に向けて1日15時間の対策を積んだという住岡アナ。1問目の地図記号の問題は「地図記号は全て覚えてきたので」と難なくクリア。勢いに乗って正解を重ね、5問目の『1問1答タイムトライアル』で出題された暗算問題も瞬殺した。実は住岡アナはそろばん二段の腕前で、一瞬だけ見える数字を計算する“フラッシュ暗算”もできるほど。試しに助っ人小学生に3桁の数を5つ適当に言ってもらうと、その5つを全て足した数を暗算で瞬時に答え、見事正解。スタジオを驚かせた。

MCの劇団ひとりが最も驚いたのは8問目、ミカンの収穫量日本一の都道府県は『愛媛県』と『和歌山県』のどちらなのか答える問題でのこと。徹底した『小5クイズ』対策を取っていた住岡アナは、なんと150品目以上の日本一の都道府県をすべて覚えてきていたという。これには劇団ひとりも「ええーーーっ!」とあっけに取られていた。
*正解は記事の最後に

その後、残っていた救済を使い切りながら10問連続正解を達成した住岡アナは迷わず300万円の問題への挑戦を選んだ。出題されたのは、『A:北海道』『B:宮城県』『C:東京都』『D:愛知県』『E:沖縄県』の5つの都道府県を、自動車の保有台数が多い順に並べ替えるという問題。まず住岡アナが悩んだのは1位と2位。人口が多い東京と、車が多いイメージのある愛知県で迷った。残った3つでは面積の広さから北海道を3位とし、人口の多い宮城と、車以外の交通の便が乏しい沖縄を天秤(てんびん)にかけることとなった。

結果、住岡アナの回答は1位から順に愛知→東京→北海道→沖縄→宮城。1つ1つ回答が開けられていき、なんと3位の北海道までは全て正解!あと1つ正解ならば300万円獲得だったのだが、残念ながら不正解に。
*正解は記事の最後に

客席で応援していた同期の山本里咲アナウンサーは「これだけプレッシャーのかかる舞台で、自分の考えをちゃんと述べながらここまで大健闘して、同期としてカッコよかった」とコメント。同じく同期の渡邉結衣アナウンサーも「普段見られない住岡をたくさん見られてカッコよかったですね」と同期の奮闘を大絶賛。住岡アナは「1年間しっかり勉強して…」とリベンジを誓ったが、MCの劇団ひとりは「1年間勉強しなくていい!呼んでから勉強して!」と返していた。

※8問目、ミカンの収穫量日本一は和歌山県。2位の愛媛県とは約4万トンの差がついている。

※最終問題、正解は1位『D:愛知県』、2位『C:東京都』、3位『A:北海道』、4位『B:宮城県』、5位『E:沖縄県』の順。トヨタ自動車の拠点のある愛知が人口の多い東京都を上回ってトップとなっている。

【TVer】最新話を無料配信中!
【Hulu】最新〜過去話配信中!

写真提供:(C)日テレ

     

関連記事

注目記事

新着記事

バラエティの記事一覧

カテゴリ一覧