アニメ『薬屋のひとりごと』18話 里帰りした猫猫はある祇女に薬を届けに行き…

2024.2.9 18:45

アニメ『薬屋のひとりごと』第18話「羅漢」のあらすじ・先行カットが解禁された。13話から第2クールがスタートした本作は後宮を舞台に「毒見役」の少女が、様々な難事件を解決する、シリーズ累計3100万部突破の大人気後宮謎解きエンタテインメント。

■第18話「羅漢」あらすじ

壬氏(ジンシ)と街で別れて里帰りした猫猫(マオマオ)は、羅門(ルォメン)に頼まれて緑青館の離れへと薬を届ける。そこには病にふせる妓女がいて、猫猫は薬を飲ませつつ、昔の緑青館や当時の妓女たちのことを思い出して物思いにふける。

一方、後宮に戻った壬氏は、事あるごとに自分に絡んできては猫猫に興味を示す軍師の羅漢(ラカン)と話すうちに、猫猫との関係に気づく。

さらに追加キャストとして病にふせる妓女・鳳仙(フォンシェン)を桑島法子が担当することが発表された。

TVアニメ『薬屋のひとりごと』第18話 2月10日(土)24:55~ 日本テレビ系にて放送

©日向夏・イマジカインフォス/「薬屋のひとりごと」製作委員会

     

関連記事

注目記事

新着記事

アニメ・コミックの記事一覧

カテゴリ一覧