【ターゲットは擬装イクメンパパ】「本気になっちゃいそうでした。奥さんいるのに」色仕掛けで暴行相手を地獄に落とす。

2024.2.4 19:00

2月2日深夜に日本テレビ系金曜ドラマ『消せない「私」―復讐の連鎖―』の第5話が放送された。

学生時代にいじめ動画を拡散され、人生を狂わされてしまった灰原硝子(志田彩良)は、10年経ったある時、自らを苦しめた同級生たちがインタビューに笑顔で答える姿をテレビで見かけ復讐(ふくしゅう)を決意。首謀者・海崎藍里(吉本実憂)に対し、報復を遂げた硝子は、次の標的を実行犯・大桃武(芳村宗治郎)に定めた。硝子は説得の末、かつては人気配信者で今は経営者の徳道仁(本郷奏多)を味方につけた。

武が参加するオンラインサロンの会合が徳道のお店で開催されることを知った硝子は、徳道の動画に出演していた学生の時以来、徳道にメイクを施してもらい擬装。硝子は「色々と辛いことを思い出します。でも、この時間が好きでした」と感傷に浸る場面も。

硝子は想定通り店に来た武に対し、ヘルプのバー店員・鬼平智恵と偽り接触。隙を見て武のカバンに盗聴器を仕掛ける際、硝子は中から大量の睡眠薬を発見する。徳道は、睡眠薬がよくない使われ方をしていると考え「今後、ヤツと2人きりになる時は気をつけろよ」と硝子に注意を促した。

SNS上で、イクメンパパを装う武であったが、その実像は共働きの妻・実里(岡本玲)に家事育児を押し付ける身勝手な亭主で、職場での営業成績も低迷。そんな武を盗聴し、生活環境を把握した硝子は、武に新規契約の話を持ちかけ2人きりで会うことに。

仕事の話を終え場所を変えた2人は、下の名前で呼び合うようなムードになったが、席を立ったタイミングを見計らって武は、硝子の飲み物に怪しげな粉を混入した。気づいた頃には裸でベッドに横たわっていた武。そんな武に「本気になっちゃいそうでした。奥さんいるのに」と硝子は耳元で呟き部屋を後にした。硝子はその時あるデータを持ち出しており…。このシーンに、視聴者からは「武が懲りないやつすぎる」と痛烈なSNSの投稿が見受けられた。

次回第6話、武に出世のチャンスが転がり込み、これをきっかけに家庭にも幸せが訪れようとしていた。その頃、硝子と徳道は「乾杯しましょう…大桃の幸せに」と祝杯をあげる。幸せの絶頂にいる武に、硝子の計画が…。

『消せない「私」―復讐の連鎖―』日本テレビ「金曜ドラマDEEP枠」
毎週金曜 深夜24時30分〜24時59分放送 
TVer、Hulu では、毎週金曜24 時30 分から定時配信

【TVer】最新話を無料配信中!
【Hulu】最新~過去話配信中!

写真提供:(C)日テレ

             

この記事の画像(5枚)

       すべての画像を見る      

関連記事

注目記事

新着記事

ドラマの記事一覧

カテゴリ一覧