和ぬか「みんな、跳ぶよ」新春ライブで全⾝全霊のプレイ!和とラテンを掛け合わす⽅程式にファン熱狂

2024.1.27 18:15

シンガーソングライター和ぬかが、2024年新春ライブ『初夢賛歌』を、1⽉19⽇に東京キネマ倶楽部にて開催した。

開演前、昭和のグランドキャバレーを居抜きした雰囲気ある会場にはオリエンタルなSE(効果音)が流れ、フロア上空には台湾のお正⽉のように⾚い提灯(ちょうちん)が放射状に吊るされていた。

オープニングを飾ったのは『絶頂讃歌』。和ぬかの第⼀声は「みんな、声出せる?」。バンドはおなじみ、シノダ(Gt.)、⼩林修⼰(Ba.)、上原俊亮(Dr.)、及川創介(Key.)をメインに、ホーン隊に永⽥こーせー(Sax.)、⼭⽥丈造(Trp.)、&菅野可奈⼦(Perc.)を含むスペシャルな7⼈編成。オリエンタルな雰囲気を醸し出すコンガがけん引するラテンビートを織り交ぜ、しょっぱなからフルスロットルに盛り上げていく。勢いそのままに『ニゲラ』で疾⾛する、和のテイストで爆裂する攻めのポップフィーリング。

和ぬかによる、和とラテンを掛け合わす⽅程式は唯⼀無⼆だ。世界中で求められるポップサウンドとなりそうな胸熱な予感がする。

逆光で顔や表情は⾒えないが、「盛り上がってる?まだまだいける?⼀緒に踊ろう!と、熱い思いが伝わってくる。そして、さらなる盛り上がりを“魅せて”いく『隣⼈さん』をプレイ。「今⽇は新春ライブに来てくれてうれしいです。みんな元気してた?」と、満員状態の若いオーディエンスへ問いかけながら、ホーンがせつなくもポップに響き渡る『真っ裸』をドロップ。

続く、ゆらりと揺蕩(たゆた)うビートが⼼地良い、SNSで和ぬかの名前を世に知らしめたヒットチューン『寄り酔い』では、オーディエンスが⼿を振り盛り上げていく。さらに「⼀緒に歌える⼈は歌ってね!」と、はじまった⼈気曲『ブラウニー』。跳ねるビートに絡み合うサビでのボーカリゼーションが、ボルテージ最⾼潮に⼀体感を⽣み出していく。⾶び跳ねながら歌う、和ぬかが愛らしい。

会場に鳴り渡った逆回転サウンドからの⽿覚えあるイントロは、令和ポップを代表するヒットチューン『ヨワネハキ』のセルフカバーだ。サビからの、ギターソロが超絶エモーショナル。両⼿を上げながらビートに溶け合い、和ぬかが問いかける。「みんな楽しんでる?世の中、ずっと落ち込んだままではいけないし。今年はいい年にするぞって。次は新曲をやりたいと思います!」。

こうして、やわらかなイントロダクションが⽿にやさしい今季を代表する冬歌『ブービー・プライズ』を披露。昨年、12⽉にリリースした、ヒットポテンシャル⾼いキラキラチューンだ。和ぬかのポップセンスは常に王道感を醸し出す。それはかつてユーミンやサザンオールスターズ、⼩室哲哉が昭和〜平成を席巻したように、そんな⼤きなヒットポテンシャルを予感させてくれる。

そして、まだまだ名曲は続いていく。ピアノによる、せつなきフレーズからはじまったのは⼈間関係の葛藤を描いた『笑われ者』。歌詞での“本当に本当に⼤切なのは⽬の前の⼈を⾒つめることで”というフレーズが⼼に深く突き刺さる。「あなたの⼼が救われたらいいなと思ってます。ありがとう。まだまだいける?次は『初夢讃歌』を、作ってくれたバンドメンバーを紹介します!」。そして、7名の信頼するバンドメンバーを紹介しつつ、⼈気チューン『ざわめけ』では、オーディエンスと⼀緒にジャンプしながら今⽇イチの盛り上がりを見せるフロア。会場中がひとつになるハンドクラップで盛り上がる笑顔でいっぱいのオーディエンスたち。

ここで、和ぬかはギターを抱え、アッパーチューン『アイオクレ』へ。歌謡センス⾼いラテンフィーリングを感じるポップソング。泣きのブラスフレーズが感情をあおりあげていく。「まだまだあげていくよ!」と、BPM早い『浪漫ショー』を披露。バンドサウンドと絡み合うホーンとパーカッションによる相乗効果がエモい。「次で最後の曲です。今年はいい年にしようね。和ぬかでした。最後、⼀緒に歌おう!」と、『Loveis』によって、会場中の気持ちをひとつにしていく。

鳴り⽌まないアンコールに続いて歌われたのはアッパーチューン『審美眼』。⽣のホーンとパーカッションとの相性抜群なポップアンセムだ。「みんな!跳ぶよ!」と、MCであおりながら、ラテンフレイバー満載の⼤名曲を、胸熱に全⾝全霊にプレイしていく。まるで、近未来の紅⽩歌合戦で⼤合唱していそうな、そんな夢物語が浮かんでくる圧巻の光景だ。

「アンコールありがとう!あなたのおかげで今⽇が楽しいよ。(僕の⾳楽は)誰もやっていないジャンルなので不安があるんだけど、あなたが来てくれてうれしいです。2024年、あなたが後悔しない⽣き⽅を選べるように歌います。和ぬかでした。ありがとう!」。

ラストは新春ライブらしく、2年前の新年にリリースしたお正⽉ソング、『進め!そっちだ!』を歌い上げ、激アツに⼤団円を迎えていく。2024年の和ぬかの活動は、すでに初夏開催のロックフェスへの出演も決定。ライブでの⾶躍、そしてさらなる国⺠的ヒットチューンを期待したい。次世代へ向けて羅針盤を指し⽰し切り開いていく令和を代表するポップマエストロは、和ぬかだ。

◎公演情報
【和ぬか新春LIVE『初夢賛歌』】2024年1月19日(金)東京キネマ倶楽部
<SETLIST>
1. 絶頂讃歌
2. ニゲラ
3. 隣人さん
4. 真っ裸
5. 寄り酔い
6. ブラウニー
7. ヨワネハキ-selfcover-
8. ブービー・プライズ
9. 笑われ者
10. ざわめけ
11. アイオクレ
12. 浪漫ショー
13. LOVEis
en.1 審美眼
en.2 進め!そっちだ!

PHOTO:TakeshiYao

     

関連記事

注目記事

新着記事

音楽の記事一覧

カテゴリ一覧