芳村宗治郎  “役として嫌われればうれしい…” 『消せない「私」ー復讐の連鎖ー』で単独インタビュー

2024.1.26 18:00

日本テレビ・金曜ドラマDEEP『消せない「私」ー復讐の連鎖ー』主人公・灰原硝子(志田彩良)の天敵・大桃武を演じる芳村宗治郎に単独インタビュー。

©黒田しのぶ/ぶんか社

本作は、ぶんか社・大手電子書籍ストア女性ランキング上位の人気作。ネット社会を題材にしたリアリティーあふれる内容で、打たれても負けない主人公が多くの女性達から熱い支持を得ている。弱者が元いじめっ子達に復讐(ふくしゅう)していくスカっと勧善懲悪(かんぜんちょうあく)ストーリー。entax取材班は高校時代に主人公・灰原硝子(志田彩良)をいじめた天敵・大桃武を演じる芳村宗治郎にドラマの見どころや最近ハマっていることを聞いた。

■人を装っている化け物みたいに役を演じたい

――ドラマ出演が決まった時の率直な気持ちを教えてください。

芳村 オファーを頂いた時、驚きはあったんですけど、すごい楽しみだなと思いました。自分のキャリアにおいて、犯罪者役もやったことはあるんですけど、今回の性犯罪者役というのはドラマでもほとんど描かないと思うので、それをやらせてもらえるというのは相当貴重だなと思いました。

――SNSでは芳村さんの演技への反響がすごいですよね。

芳村 内容がきつくて、全話見られない方もいるかもしれないですね。役者の仕事というか、やっぱり演じていかないといけないものだと思うので、役として嫌われればうれしいなって思っています。

――大桃武を演じるにあたり、どんなところを意識していますか?

芳村 なるべく人を装っている化け物みたいな感じに演じられたらと思っています。所々で見せる表情だったり、自分から発言するというよりは人に言われたら動くということを意識しています。

■高校時代は学校帰りにそのままでディズニーへ

――高校時代に主人公の硝子をいじめる役ですが、ご自身の高校時代の思い出はありますか?

芳村 高校時代は学校帰りにディズニーランドに行ったりしていました。

――高校が近かったんですか?

芳村 近くはないです(笑)。“学校帰りに遊園地に行ける”という嬉しさが自分達の中にあったのでみんなで仲良く行っていました。

――最近ハマっていることはありますか?

芳村 レコードを聴くようになりました!ジャケ買いも少しはしますが、お名前を聞いたことがあるアーティストのものを買ったり、最近発売されたものなどを買ったりしています。

――ハマったきっかけはなんですか?

芳村 友達から誕生日プレゼントにレコードをもらったことだったんですよ。同じ時期に両親が集めていたレコードを聴き始めたのでさらにハマりました。

――1番聞いているアーティストはいますか?

芳村 Adoさんがすごいなと思って聴いています。CDと一緒にレコードを出してるんですよ。レコードで聴くと音質が変わって、“ジジジ”と音が入ったり、そういうのがやっぱり聴いていて楽しいですね。

――放送を楽しみにしている視聴者にメッセージをお願いします。

芳村 ささいなことでいじめが始まって復讐されるストーリーだと、ドラマを見ていて爽快になるかもしれないですけど、全話見てもらってスカッとするだけじゃなく、他にも何か感じ取ってほしいと思います。

【プロフィール】
1998年2月1日生まれ、東京都出身の俳優。近年の出演作にMBS『美しい彼』(2021年)、フジテレビ系列ドラマ『いちばんすきな花』(2023年)など話題作に出演。2023年11月に公開された映画『法廷遊戯』では証言人の安住尊役で出演。ドラマ・映画・CM などで注目を集める若手俳優。

【番組情報】
ドラマ『消せない「私」ー復讐の連鎖ー』
毎週金曜 深夜24時30分〜24時59分放送
Tver・Huluでも配信
公式HPはこちら

写真提供:©entax
©黒田しのぶ/ぶんか社

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

SNS

featured

text_newarticles

categories