Adoガーナミルクチョコの思い出語り「恥ずかしくなり逃げ出したくなります…」ロッテチョコレート60周年記念CMで歌唱

2024.1.23 13:45

株式会社ロッテのチョコレート事業は2024年2月1日に60周年を迎え、今年は「もっとチョコのこと Sweet at Heart」をコンセプトに様々な展開を予定している。今回、そのプロモーションの一環として歌い手・Adoの新曲「ショコラカタブラ」を起用したTVCMを制作し、1月22日(月)より全国でオンエアを開始。企画・プロデュースに川村元気、監督・キャラクターデザインに吉成曜、アニメーション制作にはTRIGGERを迎え、日本有数のクリエイターたちによる初タッグで起用したスペシャルな動画となった。

Ado

写真提供:©Yamano Kazuma
TRIGGER

映像の舞台は深夜のチョコレート工場。現実世界から工場に迷い込んだ少女が、魔法世界を生きる女の子と、科学世界で生きる女の子と出会い、美味しいチョコレートがつくられていく。そして、チョコレートが美味しくなる魔法の呪文『ショコラカタブラ』が、Adoにより魅力的にメロディに乗せて劇中で歌われる。

この楽曲についてAdoは「メルトスウィートとビターのコントラストをイメージして歌わせていただきました。チョコレートのように色んな味が楽しめる楽曲に仕上がっていると思います。」と語った。また、ロッテチョコレートについて「小学1年生の時のバレンタインデーで初めて手作りチョコに挑戦し、当時好きだった子に作ったチョコを渡したことがあります。ガーナミルク味の板チョコを使って母と一緒にかわいらしいチョコレートを作ったことは今でも鮮明に覚えております。なのでガーナミルクの板チョコを見かける度にこの思い出が蘇るので、恥ずかしくなりたまにその場から逃げ出したくなります……」と可愛らしい思い出を語った。

本CMは1月22日(月)19:00により放送のTBS系列「CDTVライブ!ライブ!2時間スペシャル」CM枠内にて60秒特別版を、地上波では一度限りの特別放送を実施。

写真提供:ロッテ チョコレート事業60周年新TVCM 「ショコラカタブラ」篇
©Yamano Kazuma

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

SNS

featured

text_newarticles

categories