門脇麦「昭和に生まれたかったな」ちあきなおみの『喝采』で歌声披露!昭和歌謡を熱く語る

2024.1.10 12:15

俳優の門脇麦が1月8日放送の『しゃべくり007』に出演。大好きだという昭和の映像作品や歌について熱く語り、最後にはスタジオで歌声を披露した。

「昭和の作品がすごく好き」と明かした門脇。60〜80年代の映画やドラマが好きだといい、『北の国から』や『男はつらいよ』、『釣りバカ日誌』といった作品をあげた。

「昭和に生まれたかったな」と思うほど、昭和のものに対する愛があるという門脇だが、そのきっかけは役者を志すうえで、さまざまな映画やドラマを見た際、「生きることに対するパワーが今と違うエネルギーな気がして」という憧れだったという。

さらに門脇のイチオシだというのが、ちあきなおみ。母親とカラオケによく行く中で昭和歌謡を聞いたことから知ったそうだ。大人になって初めてYouTubeで、ちあきなおみ本人の映像を見た時に「あまりにもかっこよくてしびれちゃいまして」と衝撃を受け、大ファンになったというきっかけを明かした。

そんな門脇は、友人とカラオケに行く際も松田聖子や山口百恵、キャンディーズなどといった昭和を彩ったアーティストの楽曲を歌うそうだ。その理由として、「今の歌すごい難しくないですか?」と昭和歌謡の歌いやすさをあげた。

番組の最後には、門脇がちあきなおみの『喝采』をスタジオで生歌唱。「皆様今年良い1年になりますように心を込めて歌わせていただきます」と力強くも繊細な歌声を披露し、新年にふさわしい締めとなった。

【TVer】最新話を無料配信中!
【Hulu】最新~過去話配信中!

写真提供:(C)日テレ 

クオカードプレゼントキャンペーン2024

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

SNS