『ミッドサマー』のアリ・アスター監督来日へ “現実か、妄想か、奇妙で予想外の物語”最新作『ボーはおそれている』

2023.12.9 15:15

2024年2月に公開されるホアキン・フェニックスが主演をつとめる映画『ボーはおそれている』。公開に先だち、2020年公開『ミッドサマー』以来、3年ぶり2度目となるアリ・アスター監督の来日が決定した。

アリ・アスター監督の『ヘレディタリー/継承』『ミッドサマー』は、日本でもスマッシュヒットを記録した。また、『ジョーカー』では主演のホアキン・フェニックスがアカデミー賞®主演男優賞を受賞した。

12月18日(月)には日本最速上映イベントとして、TOHOシネマズ 日比谷にて監督の舞台あいさつ付きジャパンプレミアも決定。首を長くして新作を待っていたファンには待望のイベントとなりそうだ。激戦必至のジャパンプレミアの上映チケットは、12月12日(火)0:00~より発売予定。また、翌日の12月19日(火)には前作『ミッドサマー』の上映とQ&Aも同劇場で開催される予定だ。

監督は「『ボーはおそれている』の台本初稿は12年前に書きました。10年以上温めてきたので、一番のお気に入り作品で、誇りに思っています。ボーの3時間の壮大な旅を、ぜひ劇場でお楽しみください!」と喜びのコメント。本作は、2024年2月16日(金)に全国公開される。

《ストーリー》
日常のささいなことでも不安になる怖がりの男ボー(ホアキン・フェニックス)はある日、さっきまで電話で話していた母が突然、怪死したことを知る。母のもとへ駆けつけようとアパートの玄関を出ると、そこはもう“いつもの日常”ではなかった。これは現実か? それとも妄想か? 次々に奇妙で予想外の出来事が起こる里帰りの道のりは、いつしかボーと世界を徹底的にのみこむ壮大な物語へと変貌(へんぼう)していく。

『ボーはおそれている』
2024年2月16日(金)全国公開

写真提供:©2023 Mommy Knows Best LLC, UAAP LLC and IPR.VC Fund II KY. All Rights Reserved.

     

関連記事

注目記事

新着記事

映画・舞台の記事一覧

カテゴリ一覧